トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス


 

ピックアップ情報

 

令和5年度冬の企画展

「埼玉ゆかりの歌人コレクション~明治から現代まで」

                   チラシ表.pdf               チラシ裏.pdf


埼玉県のうたの起源は、万葉時代(飛鳥・奈良時代)までさかのぼります。古代における『歌』の風土は現在も連綿と受け継がれています。

本展示は明治から現代までと題し、戦前・戦後を区切りに各時代で活躍してきた埼玉ゆかりの歌人を取りあげます。明治から昭和、戦前にかけては短歌雑誌『アララギ』の歌人を中心に、与謝野晶子などの資料も展示します。戦後は加藤克巳や大西民子などにスポットを当てながら現代の歌人までを紹介します。歌集や雑誌だけでなく、原稿や色紙などの直筆資料から歌人たちの筆致や個性を味わっていただければ幸いです。

 

【会期】

令和6年1月20日(土)~3月10日(日)

休館日:月曜日(但し2/12(月)は開館)、1/23(火)、2/13(火)、2/27(火)

 

【観覧時間】

10時~17時30分(観覧受付は17時まで)

 

【観覧料】

一般 210円  高校生・学生 100円

 ※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料

 

【関連事業】

記念鼎談「埼玉の歌人たちと戦後」

日 時:令和6年2月24日(土) 14時~15時30分(開場13時30分)

登壇者:沖ななも氏(埼玉県歌人会会長)、金子貞雄氏(『作風』代表)、さいとうなおこ氏(『未来』選者)

会 場:さいたま文学館 1F文学ホール

申 込:電話にて受付 048-789-1515まで(先着200名、参加費無料)


 

イベント情報

 
表示すべき新着情報はありません。