トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1880550

施設マップ

.... ....

ピックアップ情報

開館25周年記念 特別展

「永井荷風」



  チラシはこちらよりダウンロードできます(PDF)



1   開催趣旨

 永井荷風は明治・大正・昭和に亘り名作を書き続け、平成を経て令和の世も読み継がれている稀有な文豪です。当館は開館当時から、質量ともに全国屈指の「永井荷風コレクション」を所蔵しており、また今年は開館25周年、荷風の文化勲章受勲70年にあたります。
 それを記念して、〈新帰朝者としての荷風〉〈戯作者としての荷風〉〈荷風とゆかりの文豪たち〉を柱にした特別展を開催いたします。伝説の発禁本『ふらんす物語』や『断腸亭日乗』の原本、縁のあった文豪とのゆかりを辿るオリジナル資料等を一挙に展示。
 文豪永井荷風を、存分にご堪能下さい。

2 会  期

令和4(2022)年9月17日(土)~11月27日(日) 
       休館日:月曜日(但し9/19、10/10、11/14は開館)、
           9/20(火)、9/27(火)、
           10/11(火)、10/25(火)、11/15(火)
       ※会期中は、展示替えを実施します。
 

3 会  場

さいたま文学館 企画展示室及び常設展示室

4 開館時間

午前10時から午後5時30分まで(観覧受付は午後5時まで)

5 観 覧 料

一般210円 高校生・学生100円
(中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)

6 関連事業


記念トーク&朗読イベント(株式会社埼玉新聞社主催)
日   時 :9 月25日(日)14:00~15:30(開場13:00)
登 壇 者 :永井壮一郎(永井荷風ご令孫)
       置鮎龍太郎(「文豪とアルケミスト」永井荷風役)
       谷口晃平(「文豪とアルケミスト」プロデューサー)
       影山亮(さいたま文学館)
チケット:1名3,000円(税込、全席指定)
     ※ランダム紙製しおり付き(入場時に配布)
     ※1回の申し込みでチケット4枚まで
発  売:令和4年8月6日(土)10:00より販売開始
●桶川市民ホールチケットセンター
(さいたま文学館併設/10:00~18:00)
●電話(048-789-1513/10:00~18:00)
●ネット販売(http://hall-okegawa.jp/)
会  場:桶川市民ホール(さいたま文学館併設)

永井荷風文机撮影会
日  時:10月1日(土)10:00~12:00/14:00~16:00
撮 影   費:1人500円(税込)/各回先着25名
申  込:(048-789-1515/10:00~17:30)
会  場:さいたま文学館1階 ギャラリー
※当該日の上記時間のみ、永井荷風の等身大パネルは撮影会にご参加者のみ撮影が出来ます。

対談&ビンゴ大会〈初版本〉※ご好評につき受付を終了いたしました。
日  時:10月16日(日)14:00~15:30(開場13:00)
登  壇  者:川島幸希(秀明大学学長)、山中剛史(中央大学非常勤講師)
申  込:(048-789-1515/10:00~17:30)/抽選/無料
締  切:8月31日
(8月31日でご応募を締め切り、9月9日頃までに当選者の方に参加証を送付いたします。当選者の発表は、参加証の発送をもって代えさせていただきます。)
会  場:さいたま文学館1階 文学ホール

記念講演会
日  時:11月20日(日)14:00~15:30(開場13:30)
登  壇  者:金子明雄(立教大学文学部教授)
申  込:(048-789-1515/10:00~17:30)/先着順/無料
会  場:さいたま文学館1階 文学ホール

特別展限定グッズ販売
※販売グッズ、入場特典ポストカードは数量限定です。
※販売グッズは1度のお会計で5点までお求めいただけます。
※画像はイメージで。実際の商品とは多少異なる場合がございます。
※会期中の郵送販売はいたしません。
※お支払いは現金のみとなりますので、ご注意ください。
(各社クレジットカード・電子マネー等はお使いになれません)

ギャラリートーク
不定期開催

※企画展及び関連事業は、新型コロナウイルスの感染状況により、変更になる場合があります。

7 監修・協力一覧
監  修 川島幸希(秀明大学学長)
特別協力 永井壮一郎(永井荷風ご令孫)、金子明雄(立教大学文学部教授)
協  力 
石田昌也、伊藤文生、緒方孝文、置鮎龍太郎、嶋田直哉、鈴木光、谷口晃平、長島裕子、藤田三男、山中剛史、青森県近代文学館、芦屋市谷崎潤一郎記念館、池田記念美術館、市川市、市川市文学ミュージアム、大阪芸術大学、外務省外交史料館、株式会社青二プロダクション、株式会社岩波書店、株式会社埼玉新聞社、株式会社新潮社、株式会社榛原、株式会社増田德兵衞商店、株式会社三菱UFJ銀行(旧東京銀行)OB会正友会、株式会社山田書店、県立神奈川近代文学館、公益財団法人吉備路文学館、公益財団法人三康文化研究所附属三康図書館、公益財団法人日本近代文学館、公益財団法人阪急文化財団池田文庫、合同会社EXNOA、新宮市立佐藤春夫記念館、天理大学附属天理図書館、東京都江戸東京博物館、徳冨蘆花記念文学館、日本大学図書館、日本郵船歴史博物館、文京区立森鷗外記念館

編  集 影山亮(さいたま文学館学芸員)

8 担  当
さいたま文学館(桶川地域文化振興共同事業体)学芸員 影山亮
〒363―0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9
TEL 048-789-1515
FAX 048-789-1517


第54回埼玉文芸賞の作品募集について


埼玉県教育委員会では、県内における文芸活動の振興を図るため、第54回埼玉文芸賞の作品を募集します。埼玉文芸賞は、昭和44年から実施しており、小説や詩など7部門で、特に優れた作品を顕彰しています。また、今年度も高校生等(令和4年度末で満18才以下の方)の優秀作品には奨励賞を贈呈します。

受賞作品は、令和5年6月刊行予定の「文芸埼玉」第109号に掲載します。


 



1 募集内容

(1)募集対象作品

  ○対象となる作品

  令和3年12月1日から令和4年11月30日までの間に創作された作品

  又は、同期間内に新聞・雑誌等に発表又は単行本として刊行された作品


  ○部門・応募基準

  下記の基準数(編・首・句及び枚数)で1作品とし、1部門につき1人1作品応募することができます。

   ア 小説・戯曲(シナリオを含む) 1編(30~100枚)

   イ 文芸評論・伝記・エッセイ 1編(30~100枚:エッセイは10~30枚)

   ウ 児童文学(小説・童話) 1編(5~100枚)

     児童文学(詩) 10編

   エ 詩 10編

   オ 短歌 50首

   カ 俳句 50句

   キ 川柳 50句

   ※ア~ウの枚数は、400字詰原稿用紙換算です。


(2)応募資格

 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成19年4月1日以前に生まれた方)


(3)応募方法

 詳細については「第54回埼玉文芸賞応募要領」を御覧ください。


 ○1部門につき、応募要領に付された応募票を1枚同封してください。


 ○応募期間は、令和4年9月1日(木曜日)から令和4年11月30日(水曜日)まで(当日消印有効)です。

 作品提出時は、応募要領内にある「応募票」の様式が必要です。応募の際は必ず印刷し、記載例(図解)等の詳細もあわせて御確認ください。印刷が難しい場合は、県内各所にて配布中の応募要領を入手してください。


 第54回埼玉文芸賞募集要項(PDF:約660KB)
 



 応募要領は、当館をはじめ最寄りの図書館、公民館等で入手できます。

 又は、84円切手を貼った返信用封筒を同封し下記へご請求ください。


 【請求および応募先】

 〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

 さいたま文学館「埼玉文芸賞」係



2 選考

7部門各3名の選考委員により部門ごとに選考を行い、入選作品を決定します。

なお、選考についてのお問い合わせには応じられません。



3 発表・賞

(1)入選者には、令和5年3月上旬に結果を通知いたします。


(2)各部門1名に、埼玉文芸賞(賞状、記念品及び副賞20万円)を贈呈します。該当者がいない部門については、準賞(賞状、記念品及び副賞10万円)を贈呈することがあります。また、高校生等(令和4年度末18歳以下の方)の作品について、奨励賞(賞状及び図書カード)を贈呈することがあります。



4 問い合わせ先

さいたま文学館 埼玉文芸賞担当

〒363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515

FAX 048-789-1517





 

イベント情報

 
表示すべき新着情報はありません。