トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1067081

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

新着情報一覧

新着情報
12345
2019/06/21

令和元年度 古典の日記念事業 ふれあい短歌賞

| by さいたま文学館
令和元年度 古典の日記念事業
ふれあい短歌賞


チラシ(1ページ目)はこちら(PDF:約2.1MB)   チラシ(2ページ目)はこちら(PDF:約1.8MB)


チラシ(3ページ目)はこちら(PDF:約1.1MB)

●応募資格 2人1組(1人1首ずつ作成)で応募してください。(県内在住・在勤・在学の方が含まれることが条件です。)

●募集期間 令和元年9月6日(金)まで(必着)

●応募方法 所定の応募票(PDF:約652KB)に、作品と必要事項を記入して、FAX・郵送・電子メール・またはこちらの応募フォームの、いずれかの方法で応募してください。

●応募先  「さいたま文学館」短歌賞係
      〒363-0022 桶川市若宮1-5-9
      FAX 048-789-1517
      電子メールアドレス oubo@okegawa-culpro.jp 
      問合せ 048-789-1515(休館日を除く)

●賞および表彰式 審査の上、優秀な作品を表彰します。
  令和元年10月下旬頃、入賞者にのみ選考結果を通知します。選考結果は、県ホームページでも講評します。なお選考に関する問い合わせには応じられません。
  【表彰式】 令和元年11月24日(日) ソニックシティ小ホール(さいたま市大宮区)
        入賞者には、賞状と入賞作品を掲載した作品集を進呈します。

●注意事項
 (1)応募は、自作の未発表作品に限ります。
 (2)1組につき1回の応募とします。ただし、相手が代われば何回でも応募可能です。
 (3)短歌は原則として5・7・5・7・7としますが、字余り字足らずがあっても構いません。
 (4)テーマは設けません。自由に題材を選んでください。
 (5)本事業に関わる個人情報は、事業に関わる一連の事項以外に使用しません。
    なお、応募票に記載のある個人情報を県内市町村・報道機関等に提供したり、本事業の広報に活用することがあります。
 (6)応募作品の著作権は応募者にあります。ただし、主催者が広報のために作品を使用する場合があります。
17:00
2019/06/01

おはなしの泉・夏

| by さいたま文学館

おはなしの泉・夏 について

※7月20日のディズニー映画「ピーター・パン」ですが、
諸般の事情により他のディズニー映画に変更となりました。


チラシ(表)はこちら(PDF:約4MB)      チラシ(裏)はこちら(PDF:約3MB)

7月20日(土)・7月21日(日)

7月20日(土)※申込不要
 11:00~12:10(文学ホール)
  ディズニー映画
 14:00~15:45(文学ホール)
  ジブリ映画 「魔女の宅急便」

7月21日(日)※要申込
 11:00~12:00(講座室2)
  朗読音楽会「ロバのおうじ」
  (朗読家:柚木あんさん、リュート奏者:永田斉子さん)
 14:00~14:45(講座室2)
  パネルシアター 「パネルシアターで楽しむお話」
  (パネルシアターグループ こぶたのしっぽ)

会場:映画は1階文学ホール、朗読音楽会とパネルシアターは2階講座室2です。
申込:朗読音楽会とパネルシアターは電話で申込みをしてください。
   6月26日締め切り、先着順。
   映画は申込不要です。直接会場に来てください。
受付:当日は各会場で。30分前から受付をします。

●引率の保護者も一緒に体験できます。
●おはなしの部屋のスタンプカードを持っている人は持ってきてください。
13:45 | 文学館からのお知らせ
2019/05/31

「文芸埼玉」第102号掲載作品募集のお知らせ

| by さいたま文学館

「文芸埼玉」第102号掲載作品募集のお知らせ



「文芸埼玉」第102号の掲載作品を募集しています。

 多くの皆様のご応募をお待ちしております。

 

概要は下記のとおりです。

詳しくは募集要項PDF:約747KB)をダウンロードして御覧ください。


「文芸埼玉」につきましては、さいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」を御覧ください。


■募集対象作品

 

次のAまたはBの分野とし、各部門の作品1点あたりの基準は、次のとおりとします。

 

A 自由作品(題材自由)

(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門 原稿用紙30枚以内

(2)詩部門  30行以内(空行含む)  (3)短歌部門  10首

(4)俳句部門  10句         (5)川柳部門  10句 

 

B 共通テーマ作品(テーマ「平成」)

※30年続いた「平成」をテーマに、出来事や風景、思い出などを盛りこんだ、多彩な作品をお待ちしています。(「平成」ということばを直接使わなくても可能です)

 

(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門 原稿用紙20枚(随筆は10枚)以内

(2)詩部門  30行以内(空行含む)       (3)短歌部門  5首

(4)俳句部門  5句               (5)川柳部門  5句

 

同部門のA(自由作品)とB(共通テーマ作品)の両方に応募することはできません。

例:A(自由作品)の詩部門とB(共通テーマ作品)の詩部門に応募することはできません。

なお、応募作品は、未発表作品に限ります。

 

■応募資格

 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成16年4月1日以前に生まれた方)

 

■応募期限  令和元年7月31日(水)(当日消印有効)

 

主催 埼玉県教育委員会         

事務局 さいたま文学館「文芸埼玉」係

〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515 


14:00 | 募集情報
2019/05/30

文学の集い 夏

| by さいたま文学館
令和元年 文学の集い 夏


チラシはこちら(PDF:約4MB)

第1部 文化選奨受賞者紹介
 (1)【講演】 文化選奨受賞者・高橋次夫さんについて
         講師 北畑光男(詩人)
    【詩朗読】高橋次夫の作品から
         朗読 小林登茂子

 (2)【講演】 「わたしの生と詩と」
         文化選奨受賞者 高橋次夫

第2部 【講演】私の生と〇〇について
        短歌  中井 茂
        俳句  おおば 水社
        川柳  石川 川柳
        小説  北原 立木

日時:8月11日(日)
   開場:13時00分 開演:13時15分 (16時05分終演予定)
会場:さいたま文学館 文学ホール(1F)
申込:048-789-1515(さいたま文学館/申し込み順で受付けます)
入場:無料 当日受付可
※終了後、懇親会がございます。どなたでもお気軽に御参加ください(会費3000円)

主催:(一社)埼玉県文化団体連合会文学部会・さいたま文学館
後援:(一社)埼玉県文化団体連合会
15:12
2019/05/30

アフターファイブ文学講座

| by さいたま文学館
令和元年度アフターファイブ文学講座
『平成』の新ジャンル「ライトノベル」とは何か ―ライトノベルの魅力を考える―



チラシ(表)はこちら(JPG:約833KB)     チラシ(裏)はこちら(JPG:約830KB)

日時:令和元年7月18日・25日・8月1日・8日(全て木曜日)
   午後7時~8時30分(受付:6時30分~)
会場:さいたま文学館2階 講座室1
対象:埼玉県内に在住・在勤・在学の方
定員:42名(応募者が定員を超えた場合は抽選となります)
費用:無料
申込:往復ハガキに講座名(アフターファイブ文学講座)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、さいたま文学館宛にお送りください。
   ※高校生は専用の申込用紙を使ってください。高校生用受講申込書(PDF:約191KB)
締切:令和元年7月1日(月)消印有効
※受講の可否については返信用ハガキでお知らせいたします。
問合せ:さいたま文学館 
    TEL 048-789-1515
    〒363-0022
    桶川市若宮1-5-9
14:38
2019/05/01

さいたま文学館 令和元年度「前期文学創作講座」

| by さいたま文学館

このイベントの募集は終了しております。



さいたま文学館 令和元年度「前期文学創作講座

初めての短歌入門 -短歌・心と景を詠うよろこびー
 講師 井ヶ田 弘美 氏
       前期文学創作講座チラシ

日時   令和元年6月6日・13日・20日・27日(全て木曜日 全4回)
     午後2時~4時(受付:午後1時30分)
場所   さいたま文学館2階 講座室1
募集人数 42名(埼玉県内在住・在勤・在学の方)
参加費  無料
申込方法 往復ハガキ(1人1枚)に講座名(前期文学創作講座)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記し、さいたま文学館宛にお送りください。
     (令和元年5月15日(水曜日)消印有効)
     ※応募者が定員を超えた場合は抽選となりますので、あらかじめ御了承ください。
     ※往復ハガキの返信用で、受講の可否をお知らせいたします。
12:00
2019/04/29

埼玉文芸 新緑の集い

| by さいたま文学館

こちらのイベントは終了いたしました。
ありがとうございました。


さいたま文学館・埼玉文芸家集団共催

総合テーマ ジャンルを超えてみんなで短歌に親しもう

       新緑の集いチラシ
第一部
講演 「短歌この素晴らしき詩型」
   ー短歌はどのような歴史と時代の波をくぐりながら現代に至ったかー
  講師 歌人 水野昌雄氏

【第二部】
題詠作品によるジャンルを超えての歌会(事前投稿1首・投稿料無料)
  詠題 「新緑」
   選と講評 選者:水野昌雄・沖ななも・社澤光一郎
        -高点の作品には記念品を授与いたしますー
   投稿方法 題詠作品一人一首を。
        2019年5月10日(金曜日)消印有効。
        官製ハガキに「作品・お名前・ご住所・お電話」をお書きいただき、下記までお送りください。
        (作品を出さない方も参加可能です)
   作品送付先 〒350-1305 狭山市入間川1411-12大橋栄一宛
         (個人情報の取り扱いには十分注意するとともに本件以外では使用いたしません)

日時 2019年6月2日(日曜日) 14:00~16:30(13:45開場)
会場 さいたま文学館 1階 文学ホール
会費 無料(但し懇親会に参加の方は4,000円)
申込 <一般の方の申込> さいたま文学館にお電話でお申込みください。
   (応募の短歌一首はハガキで上記まで)
   電話 048-789-1515
13:13
2019/04/13

新紙幣肖像『渋沢栄一』関連の資料について

| by さいたま文学館

埼玉県深谷市出身の渋沢栄一が新1万円札の肖像になると発表されました。

さいたま文学館図書室ではそのことを記念して『渋沢栄一』関連の資料を展示しています。

興味のある方はぜひお立ち寄りください。



13:55
2019/04/05

新元号公表記念『万葉集』関連の資料の展示について

| by さいたま文学館

新元号「令和」が公表されたことを記念し、さいたま文学館図書室では『万葉集』関連の資料を展示しています。

興味のある方はぜひお立ち寄りください。


図書室万葉集展示

19:41
2019/03/28

収蔵品展「『文芸埼玉』創刊号ゆかりの人々」の開催について

| by さいたま文学館

収蔵品展「『文芸埼玉』創刊号ゆかりの人々」の開催について

この催しは終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。




収蔵品展文芸埼玉創刊号ゆかりの人々

『文芸埼玉』は、埼玉県内の文芸創作活動を促し、文芸の普及向上を図るために埼玉県教育委員会が昭和43(1968)年から発行を続けている文芸雑誌です。発行は年2回で、奇数号では「埼玉文芸賞」の前年度の受賞作品を、偶数号では一般の公募作品の中から入選したものを主に掲載しています。表紙画は毎号、埼玉県美術家協会の会員が制作した作品です。平成9(1997)年からは当館が編集事務を担当しており、平成30(2018)年12月にはその第100号を発行いたしました。

このことを記念して、今回の収蔵品展では、『文芸埼玉』創刊号に作品等を執筆いただいた方々の中から16人の自筆原稿や自筆の書などを展示します。


会期

平成31年4月27日(土曜日)から6月9日(日曜日)まで

※休館日:月曜日(ただし4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火曜日)・5月28日(火曜日)


開館時間

10時00分から17時30分まで(観覧受付は午後5時まで)


観覧料

一般210円  学生・生徒100円(中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)


関連事業

トーク&ライブ「父・宮澤章二の詩と歌と」

日時:5月18日(土曜日)14時00分~15時30分

出演:宮澤新樹氏(宮澤章二次男)・蝦名綾子氏(ヴァイオリニスト)

内容:詩人で作詞家の宮澤章二についてのトークと作品の朗読、ゆかりの曲の演奏など

※会場は当館の文学ホール(定員200名)です。

電話(048-789-1515)でお申し込みください(先着順・参加費無料)。

収蔵品展「『文芸埼玉』創刊号ゆかりの人々」チラシ(PDF 1.3MB)


17:45
12345