さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数646325

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

新着情報一覧

新着情報
12345
2017/06/23

平成29年度 お話の泉・夏

| by さいたま文学館
平成29年度 幼児・小学生対象プログラム
お話の泉・夏



7月26日(水)
11:00~11:45(文学ホール) アニメ映画①
「ミッキーマウスとプルート」
「ミッキーマウスと魔法の帽子」
「ドナルドダックとゆかいなペンギン」
「ディズニーのうさぎとかめ」

14:00~15:00(講座室2) 朗読音楽会
ロバのおうじ(リュート奏者:永田斉子、朗読家:柚木あん)

7月27日(木)
10:30~12:00(文学ホール)アニメ映画②
「孫悟空の妖怪退治」

14:00~15:30(講座室2)紙芝居
紙芝居で楽しむお話(紙芝居グループ 紙ふうせん)

会場:映画は1階の文学ホール、紙芝居と人形劇は2階の講座室2です。

申込:紙芝居と人形劇は電話で申込みをしてください。
映画は申込み不要です。直接会場に来てください。

費用:お金は必要ありません。

受付:当日は各会場で、30分前から受付けをします。

●引率の保護者も一緒に体験できます。
●おはなしのへやのスタンプカードを持っている人は持ってきてください(アニメ映画は除く)。

おはなしの泉・夏チラシPDF

問い合わせ先

さいたま文学館 〒363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9

Tel.048-789-1515 FAX.048-789-1517

12:22
2017/06/14

平成29年度アフターファイブ文学講座「The怪談」

| by さいたま文学館

平成29年度アフターファイブ文学講座

The怪談~怪異とサブカルチャー~】




昼間は学校や仕事で講座に参加できない方も参加しやすい「アフターファイブ文学講座」、今年のテーマは「The怪談~怪異とサブカルチャー~」となります。

◆日時 平成29年7月20日・27日・8月3日・10日・17日
【全5回】
いずれも木曜日、午後7時から午後8時30分まで
(受付:午後6時30分~)


第1回7月20日 
志月かなで 氏(女流怪談師・女優)
朗読・古典怪談と埼玉の妖怪伝説






第2回7月27日 
伝説都市ボーイズ〈はやせやすひろ 氏、岸本誠 氏〉(放送作家)」

TV文化・サブカルチャーにおける都市伝説都市ボーイズ


  
第3回8月 3日 
志月かなで 氏(女流怪談師・女優)
怪談紙芝居・小泉八雲の世界







第4回8月10日 
光益公映 氏(脚本家・作家)」
鬼や妖怪に見られるアウトサイダーの民俗学






第5回8月17日 
中沢 健 氏(作家・脚本家)」
埼玉の妖怪伝説








■会場 さいたま文学館2階 講座室1
(JR高崎線桶川駅より徒歩5分)

■対象 埼玉県内に在住、在勤、在学の方(高校生以上)

■定員 42名

■費用 無料

■申込 往復はがきに「講座名(アフターファイブ文学講座)・受講希望日(複数申込み可)・住所・氏名・年齢・電話番号」を明記の上、さいたま文学館宛にお申込みください。
※高校生は専用の申込用紙を使ってください。

■締切 平成29年7月10日(月)消印有効
※応募者が各回の定員を超えた場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
※受講の可否は返信用はがきでお知らせいたします。

お問合せ
さいたま文学館:048-789-1515
〒363-0022
埼玉県桶川市若宮1-5-9
さいたま文学館

平成29年度アフターファイブ文学講座チラシ



08:46
2017/06/09

【文学館図書室】埼玉県を舞台としたマンガ・アニメ

| by さいたま文学館

文学館図書室からのお知らせ

『埼玉県を舞台としたマンガ・アニメ』


現在、文学館図書室では「
埼玉県を舞台としたマンガ・アニメ」を展示しています。



 展示期間:平成29年6月6日(火)~7月21日(金)まで

 展示場所:図書室正面円形テーブル



(主な展示作品)

 ★『おおきく振りかぶって』既刊27巻 ひぐちアサ//著(講談社、2004~)

  ☞ さいたま市


 ★『
らき☆すた』既刊10巻 美水かがみ//著(角川書店、2005~)

  ☞ 春日部市、久喜市ほか


 ★〈予告〉『
ナナマル サンバツ』既刊13巻 杉基イクラ//著(KADOKAWA、2001~)

  ☞ さいたま市 ※準備が整い次第展示します

 などです。


○あわせて、埼玉ゆかりの文豪が活躍する『文豪ストレイドッグス』既刊12巻も展示しています。



図書室でご自由に閲覧できます。
皆様のお越しをお待ちしています。

14:28
2017/06/01

「文芸埼玉」第98号掲載作品募集のお知らせ

| by さいたま文学館
「文芸埼玉」第98号掲載作品募集のお知らせ

「文芸埼玉」第98号の掲載作品を募集しています。
 多くの皆様のご応募をお待ちしております。

概要は下記のとおりです。
詳しくは、さいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」御覧頂くか、こちらから募集要項(PDF:約678KB)をダウンロードして御覧ください。



■募集対象作品

次のA又はBの分野とし、各部門の作品1点あたりの基準は、次のとおりとします。

A 自由作品(題材自由)
(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門  原稿用紙30枚以内
(2)詩部門  本文30行以内  (3)短歌部門  10首
(4)俳句部門  10句     (5)川柳部門  10句 

B 共通テーマ作品(テーマ「埼玉の山」または「埼玉の駅」)
※今回はテーマを二つ設定しました。どちらかおひとつでも、両方のテーマを盛り込んだ作品でも、どちらでも御応募いただけます。
(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門  原稿用紙20枚(随筆は10枚)以内
(2)詩部門  本文30行以内       (3)短歌部門  5首
(4)俳句部門  5句            (5)川柳部門  5句

同部門のA(自由作品)とB(共通テーマ作品)の両方に応募することはできません。
例:A(自由作品)の詩部門とB(共通テーマ作品)の詩部門に応募…不可
なお、応募作品は、未発表作品に限ります。

■応募資格
 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成14年4月1日以前に生まれた方)

■応募期限  平成29年7月31日(月)(当日消印有効)
 
主催 埼玉県教育委員会         
事務局 さいたま文学館「文芸埼玉」係
〒363-0022 桶川市若宮1-5-9
電話 048-789-1515 

14:05
2017/05/27

特集展示「装幀家と埼玉文学」

| by さいたま文学館

特集展示「装幀家と埼玉文学」


本のデザインなどを担当する有名な装幀家(小村 雪岱、恩地 孝四郎、棟方 志功ら)と埼玉の文学との関わりを紹介します。

常設展示室(特集展示コーナー)にて、平成29年917日(日)まで開催。


08:55
2017/04/21

【特集展示】「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」(終了)

| by さいたま文学館

こちらの展示は終了いたしました。
たくさんのご来館ありがとうございます。



今、話題の漫画・アニメ「文豪ストレイドッグス」
(『ヤングエース』KADOKAWA)に登場するキャラクターの中から、中島敦・太宰治をはじめ埼玉ゆかりの文学者を紹介します。


〔会期〕
平成29年4月26日(水)から5月21日(日)まで
※休館日:月曜日、第4火曜日
 
〔会場〕
さいたま文学館 展示室
 
〔観覧料〕
一般210円 学生100円
(中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護の方1名は無料)

〔スタンプラリーについて〕
特集展示期間中、スタンプラリーを実施します。(スタンプ台を館内各所に設置予定)奮ってご参加ください。

〔等身大パネルについて〕
特集展示期間中は、等身大パネル(スタンディ)をエントランスに設置。写真撮影を行うことができます。ただし、さいたま文学館は、複合施設の為、他のお客様もいらっしゃいますので、周囲へのご配慮を宜しくお願い申し上げます。

〔グッズ販売について〕
特集展示「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」開催期間中、当館オリジナルイラストによる限定グッズ(ポストカード及び缶バッチ)を販売します。

 1セット800円(税込)

【特集展示】「文豪ストレイドッグス×さいたま文学館」チラシ(PDF)


12:56
2017/04/15

平成29年度 埼玉文芸 春の集い

| by さいたま文学館
【埼玉文芸 春の集い】(共催:埼玉文芸家集団)


<~川柳の歩んできた道~>



[日時]平成29年6月10日(土)
    午後2時30分~午後4時30分
(開場 午後2時15分)


[会場]さいたま文学館1階 文学ホール


[参加費]無料

第1部:「川柳今むかし」
  講師:石川 蝶平 氏


第2部:川柳ミニ句会(事前投句・投句無料)
 投句題:「朝」
 選と講評:佐藤 美文 氏・高鶴 礼子 氏 

《投句要領》
課題   「朝」
投句数  お一人2句まで
投句期日 平成29年5月15日(月)※必着 
投句方法 官製ハガキに「作品・お名前・ご住所・お電話番号」をお書きいただき、下記あてにお送りください。

送付先  〒358-0002
入間市東町7-3-9 長澤健次宛
※個人情報の取り扱いには充分注意するとともに、本件以外では使用いたしません。

[申込]

<一般の方>
さいたま文学館へお電話にてお申込みください。
(TEL:048-789-1515)

<埼玉文芸家集団会員の方>
埼玉文芸家集団事務局まで所定のハガキにてお申し込みください。
TEL:0480-23-6377 佐怒賀方



埼玉文芸 春の集い(PDF)


13:30
2017/03/31

平成29年度の学芸員実習の申し込みについて(受付終了)

| by さいたま文学館

平成29年度の博物館実習につきましては、日と12日に説明会を行い、定員に達しましたので受付を終了しました。

今後、新規の方の受付はいたしませんのでご承知おきください。

 

また、日と12日の説明会に参加された皆様は、大学を通じて実習の申込みを平成29年4月中に行ってください。

 


18:20 | 文学館からのお知らせ
2017/03/31

収蔵名品展「文学館の宝箱―ゆかりの文学者の筆跡―」(終了)

| by さいたま文学館
収蔵名品展「文学館の宝箱―ゆかりの文学者の筆跡―」


こちらの展示は、終了いたしました。
たくさんのご来館ありがとうございます。

 さいたま文学館では、422日(土曜日)から収蔵名品展「文学館の宝箱―ゆかりの文学者の筆跡―」を開催します。この展覧会では、さいたま文学館の収蔵資料から、特に全国的にも知名度の高いゆかりの文学者の筆跡を味わうことのできる自筆の書画や原稿の優品を選んで展示します。また、特集として与謝野晶子の埼玉における旅の足跡を紹介します。

 

〔会期〕

平成29422日(土曜日)から64日(日曜日)まで

※休館日:月曜日、第4火曜日(425日・523日)

 

〔会場〕

さいたま文学館 企画展示室

 

〔観覧料〕

一般210円 学生100円

(中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護の方1名は無料)

 

〔展示構成〕

1)ゆかりの文学者の書画と自筆原稿

 武者小路実篤石井桃子をはじめ全国的にも知名度の高いゆかりの文学者の書画や自筆原稿の優品を紹介

2)与謝野晶子と埼玉

 自筆原稿や関連著作等により、埼玉における晶子の旅の足跡を紹介。昨年収集した自筆歌稿「山泉抄」(名栗の情景を詠んだ作品)も初公開。

 

〔関連事業〕

ギャラリートーク(学芸員による展示解説)

日時:平成2956日(土曜日)・520日(土曜日) 各1330分~14

※事前申込不要、参加費無料(要観覧料)

収蔵名品展「文学館の宝箱チラシ(PDF)


09:38
2017/03/28

平成29年度 前期文学創作講座(受付終了)

| by さいたま文学館

「前期文学創作講座」


さいたま文学館では、文学の創作にご関心のある方に向けて毎年2回、文学創作講座を開設しています。

講座は5月25日(木)から6月22日(木)までの全5回です。多くの方のご参加をお待ちしております。


● 概要

1 セールスポイント

 平成29年度の前期文学創作講座は川柳を取り上げます。主に初心者の方を対象にした講座です。講師は「川柳・空っ風吟社」の酒井 青二 氏です。

 5・7・5の17音字で人や社会を描く川柳。江戸の昔から続くこの文芸を初歩から学んでみませんか。

 多くの方のご応募をお待ちしています。 


【講師プロフィール】
昭和20年、深谷市に生まれる。
昭和40年、郵政俳句を始める。
昭和49年、さいたま川柳社入会。
昭和53年、読売文芸大賞(川柳)受賞。
昭和63年、さいたま博覧会金子兜太大賞。
      及び、郵政大臣文芸賞
(俳句)を受賞。
平成 7年、郵政大臣文芸賞受賞(川柳)。
平成20年、川柳空っ風吟社設立


現在、川柳空っ風吟社代表、全日本川柳協会常任幹事、埼玉川柳協会副会長、埼玉県文化団体連合会文学部理事、深谷市エコ川柳選考委員

2 内容と日時について
(1)内容:初心者向けの川柳入門です。


(2)日時:
平成29年5月25日、6月1日、8日、15日、22日 全5回講座

※全て木曜日

時間は全て14:00~16:00(受付13:30~)


3 対象及び申し込みについて
(1)対象:埼玉県内に在住・在勤・在学の方


(2)定員:
42名

(3)会場:
さいたま文学館2階 講座室1

(4)費用:
無料

(5)申込み:
申込方法:往復はがき

締切:平成29年5月8日(月)【消印有効】

記載事項:講座名(前期文学創作講座)・住所・氏名・年齢・電話番号


申込先:さいたま文学館

〒363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9

(※申し込み多数の場合は抽選となります。)



08:47 | 文学館からのお知らせ
12345