さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数833640

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

新着情報一覧

新着情報
12345
2018/04/26

平成30年度 埼玉文芸 春の集い

| by さいたま文学館
【埼玉文芸 新緑の集い】(共催:埼玉文芸家集団)


埼玉文芸叢書(第四集)『彩』に掲載の作品を
ジャンルを超えて作家たちが批評し合う画期的な集い

[日時]平成30年6月3日(日)
    14時00分~16時30分(開場 13:40)

[会場]さいたま文学館1階 文学ホール

[参加費]無料

[申込]
<一般の方>
さいたま文学館へお電話にてお申込みください。
(定員150名・受付順)(TEL:048-789-1515)

<埼玉文芸家集団会員の方>
埼玉文芸家集団事務局まで所定の葉書にてお申し込みください。
(TEL:0480-23-6377 佐怒賀方)

小説・・・・・・・・・<全11篇より>
評論・エッセイ・・・・<全 7篇より>
現代詩・・・・・・・・<全14篇より>
短歌・・・・・・・・・<全20篇より>
俳句・川柳・連歌・・・<全26篇より>
総評・講評

どの作家のどの作品が注目されるのか、ご期待ください!
※『彩』をご持参のうえ、ご参集ください。
〈お持ちでない方は、当日、文学ホール受付で販売します。(1500円)〉

14:24
2018/04/01

平成30年度 前期文学創作講座

| by さいたま文学館
さいたま文学館では、平成30年6月6日から27日までの各水曜日に「前期文学創作講座」(全4回)を開催します。

今回は、「ここからはじめる児童文学」と題して、日本児童文芸家協会会員の櫻沢恵美子氏を講師にお招きします。
本講座は、基礎から児童文学を学ぶものです。児童文学の世界に触れたい多くの方のご参加をお待ちしております。


日時:平成30年6月6日・13日・20日・27日
いずれも水曜日、14時00分~16時00分(受付13時30分~)

会場:さいたま文学館2階  講座室1

講師:櫻沢 恵美子(さくらざわ えみこ)氏(日本児童文芸家協会会員)

演題:「ここからはじめる児童文学」

対象:埼玉県内に在住・在勤・在学(高校生以上)で全4回出席できる方

定員:42名(申し込み多数の場合は抽選)

費用:無料

申込方法:往復はがき
(講座名(前期文学創作講座)・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を記載)

申込先:〒363-0022  桶川市若宮1-5-9  さいたま文学館  前期文学創作講座係

締切:平成30年5月7日(月曜日)【消印有効】

前期文学創作講座チラシ(PDF)

14:31
2018/03/30

収蔵品展「実篤と元麿 ―二人の作品から―」

| by さいたま文学館

収蔵品展「実篤と元麿  ―二人の作品から―」


さいたま文学館では、平成9年の開館以来、埼玉ゆかりの文学者を中心とした文学資料の収集に努めており、その数は現在約16万点に達しています。こうした資料収集の成果を多くの皆様に知っていただくことを目的に収蔵品展を開催しています。

本年は、武者小路実篤らによって大正7(1918)年に「新しき村」が誕生してから100周年という記念の年に当たります。そこで、今回の収蔵品展では、「新しき村」の創設に深く関わった武者小路実篤と、実篤と深交があり飯能市にも居住した白樺派の詩人・千家元麿の作品を、さいたま文学館の豊富な収蔵資料の中から選りすぐって紹介します。

[会期]

平成30年4月28日(土)~6月10日(日)まで

  10:00~17:30(観覧受付は17:00まで)


[休館日]
月曜日(4月30日を除く)、5月1日(火)・22日(火)


[会場]

さいたま文学館 企画展示室


[観覧料]

一般210円 学生100円

(中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護の方1名は無料)



[関連事業について]

ギャラリートーク

学芸員が展示内容についてわかりやすく解説します

日時:平成30年4月28日(土曜日)・5月19日(土曜日)各13時30分~14時

※各回とも申込不要、要観覧料(展示会場で開催のため)


17:58
2018/03/03

第49回埼玉文芸賞の決定及び贈呈式のお知らせ(終了)

| by さいたま文学館
第49回埼玉文芸賞の決定及び贈呈式のお知らせ


文芸賞贈呈式は、終了いたしました。
ご出席ありがとうございます。


第49回埼玉文芸賞にたくさんの御応募をいただき、ありがとうございました。
 このたび、埼玉文芸賞(1点)、同準賞(12点)、同奨励賞(2点)について、下記のとおり決定しましたのでお知らせします。
 なお、受賞者への贈呈式については、3月17日(土)午後1時30分から、さいたま文学館(文学ホール)で開催します。式では、賞の贈呈のほか選考から部門別に講評をいただく予定です。
 詳細については、埼玉県ホームページ内「県政ニュース」の記事を御覧ください。

1 埼玉文芸賞
【短歌部門】
『木漏れ日のように』 中井 茂(なかい しげる) さいたま市


2 埼玉文芸賞準賞
【小説・戯曲部門】
 「ゴールドの季節」 中山 夏樹(なかやま なつき) さいたま市
「馬の助の夢」 宝珠山 敬彬(ほうしゅやま のりあき) さいたま市

【文芸評論・エッセイ・伝記部門】
「狭間に生きた友の生涯」 谷 薫(たに かおる) 所沢市
「草詩人の賭」 関根 明(せきね あきら) 羽生市

【児童文学部門】
「緑の卵」 奥貫 阿Q(おくぬき あきゅう) 埼玉県
「里山の流れ星」 佐々木 邦雄(ささき くにお) 加須市

【詩部門】
『これは林檎ではない』 中尾 敏康(なかお としやす) 越谷市
『スパイラル』 葉山 美玖(はやま みく) さいたま市

 【俳句部門】
『青』 杉本 青三郎(すぎもと せいさぶろう) 川口市
『揚雲雀(あげひばり)』 高橋 裕子(たかはし ひろこ) 久喜市

【川柳部門】
「驢馬(ろば)の耳」 竹中 たかを(たけなか たかお) 深谷市
「恩愛」 茂木 道子(もき みちこ) 鴻巣市

3 埼玉文芸賞奨励賞
【短歌部門】
「青嵐」 石井 奈津希(いしい なつき) 私立星野高等学校在学 さいたま市

【俳句部門】
「秋の日」 青田 凜(あおた りん) 私立星野高等学校在学 入間市



※選考委員(50音順)
【小説・戯曲部門】 相澤与剛 北原立木 高橋千劔破
【文芸評論・エッセイ・伝記部門】 佐藤健一 杉浦晋 野村路子
【児童文学部門】 天沼春樹 金治直美 櫻沢恵美子
【詩部門】 北岡淳子 鈴木東海子 野村喜和夫
【短歌部門】 大河原惇行 沖ななも 外塚喬
【俳句部門】 岩淵喜代子 落合水尾 尾堤輝義
【川柳部門】 酒井青二 相良敬泉 四分一周平

15:12
2018/03/02

平成29年度お話の泉・春(終了)

| by さいたま文学館
【お話の泉・春】
(さいたま文学館 幼児・小学生対象プログラム)
春休み さいたま文学館でアニメ映画と紙芝居を楽しもう!!

こちらのイベントは終了いたしました。
たくさんのご来館ありがとうございました。



【3月28日(水)
アニメ映画会 (事前申込不要)
会場:さいたま文学館1階 文学ホール(定員200名)
  11:00~11:40
   ・「くじらぐも」
   ・「がんばれスイミー」
   ・「三年とうげ」
教科書にも出てくるお話の3本立てです。
もう学校で学習したお友達も、まだ習っていないお友達も、みんなで楽しもう!

【3月29日(木)
人形劇で楽しむお話 (事前にお電話でお申込みください)
会場:さいたま文学館2階 講座室2(定員40名) 
講師:人形劇サークル「大きなカブ」のみなさん
  11:00~12:00
   ・「赤ずきん」

皆さんもよく知っているお話で、幼児から楽しめます。


受付は両日とも、30分前から行います。
(5分前までには受付をすませてください)
◎保護者の方もご一緒にご参加いただけます。

参加費無料
さいたま文学館:048-789-1515

お話の泉・春チラシ(PDF)

11:16
2018/01/11

平成30年度の学芸員実習に関する説明会の開催について(終了)

| by さいたま文学館
こちらの説明会は終了いたしました。

平成30年度に博物館実習を希望する方への説明会を実施します。さいたま文学館で実習を希望する方は必ず説明会に参加し、説明を受けた内容について大学の了解を得た上で、平成30年4月中に大学を通じて実習の申込みを行ってください。
なお、実習は平成30年6月下旬に実施する予定です。

■説明会の日時
3月 4日(日)11:00~12:00
3月13日(火)11:00~12:00
※内容は同じです。当館での実習を希望される方はどちらか一方に必ず御参加ください。

■会場
さいたま文学館 2階 文学館会議室
(エントランスから2階に上がり、窓に沿って左手方向に進んでください)

■参加方法
電話申込(048-789-1515)

■対象
次の両方の条件を満たす方が対象になります。

〇埼玉県内に居住する者または埼玉県内の大学に在籍する者で、大学において来年度実習できる要件を満たしている者。

〇大学において日本文学もしくはこれに関連する分野を専攻している者。


■その他
当館では日本文学専攻の学生を優先して受入れています。また実習生の受入人数は5名を限度としており、定員を超えた場合は選考を行います。
なお、学芸員の配置状況によっては平成30年度の実習生受入れが中止となる場合もありますので、あらかじめ御承知願います。


15:44
2017/12/28

テーマ展 武蔵野のおもかげ ~自然と文学~(終了)

| by さいたま文学館
テーマ展 武蔵野のおもかげ ~自然と文学~



こちらの展示は、終了いたしました。
たくさんのご来館ありがとうございました。


埼玉県の南西部から東京都かけて広がる「武蔵野」。
その豊かな自然は、多くの文豪たちにこよなく愛され、国木田独歩の『武蔵野』をはじめとして、田山花袋や正岡子規らの作品の中で、その風景美が描かれています。

今回の展示では、「武蔵野」を愛した文豪たちの文学作品を紹介するとともに、武蔵野の風景やおもかげを追慕する写真などを展示することにより、古きよき武蔵野をたどります。
併せて、アニメ「となりのトトロ」のモチーフになったともいわれる狭山丘陵にスポットを当て、公益財団法人トトロのふるさと基金などによる武蔵野の貴重な自然を保全するための取組も紹介します。


[会期]
  平成30年 1月20日(土)~3月4日(日)
  10:00~17:30(観覧受付は17:00まで)

[休館日]
  月曜日(ただし2/12は開館し、翌2/13は休館)・第4火曜日(1/23・2/27)

[会場]
  さいたま文学館 企画展示室

[観覧料]
  一般210円 学生100円
  (中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護の方1名は無料)

[関連事業について]

朗読会 「“武蔵野を読む”」 (終了)
【日時】1月21日(日) 14:00~15:30
【出演】:石丸謙二郎氏(俳優)


新作映画「武蔵野」上映会 (終了)
【日時】2月3日(土) 14:00~16:30
【出演】:原村政樹氏(監督)

記念講演会「国木田独歩と武蔵野」 (終了)
【日時】2月24日(土) 14:00~15:30
【講師】中島礼子氏(国士舘大学教授)

[会場] いずれも文学ホール(当館1F・定員200名)
関連事業は、いずれも電話(048-789-1515)で申込みを受け付けます。(先着順)
参加費無料

武蔵野のおもかげチラシ(PDF)

主催:さいたま文学館
協力:公益財団法人トトロのふるさと基金
   さいたま緑の森博物館
   埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター

15:29
2017/12/09

平成29年度 後期文学創作講座(終了)

| by さいたま文学館
平成29年度 後期文学創作講座
エッセイの書き方

こちらのイベントは終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございます。


日時
第一回 1月31日
第二回 2月 7日
第三回 2月14日
第四回  2月21日
第五回 2月28日
 14:00~16:00(開場13:30)
(全て水曜日・全5回)

会場:さいたま文学館2階・講座室1
対象:埼玉県内在住・在勤・在学の方
定員:42名(申込多数の場合は抽選となります。)
費用:無料
申込方法:往復はがき(1人1枚)に「講座名、住所、氏名、年齢、電話番号」を明記の上、さいたま文学館(〒363-0022桶川市若宮1-5-9)へお送りください。(締切りは平成30年1月9日(火)消印有効)
往復はがきの返信面で受講の可否をお伝えいたします。

講師紹介:永杉 徹夫氏
元毎日新聞編集委員。エッセイスト。
NPO法人ブライト・ヒューマンネットワークス理事。
短大、専門学校、さいたま文学館「エッセイ教室」等講師。
文芸誌「KODAMA」発行人。
著書「心に童謡をー評論とエッセイ」「童心は老いずー詩人の風貌」他。


後期文学創作講座チラシ(PDF)

09:00
2017/12/08

平成29年度特別講演会 五木寛之氏(終了)

| by さいたま文学館
平成29年度特別講演会 五木寛之氏 (終了)




こちらのイベントは、終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございます。


 さいたま文学館では、毎年、文学に対する県民の皆様の関心を一層高め、地域文化の向上を図るため、著名な文学者をお招きして特別講演会を開催しています。

 今年度は、開館20周年を記念して、作家の五木寛之氏をお迎えして開催します。多くの方の御応募をお待ちしております。

1 内容
講師 :五木寛之氏(作家)
講演題:「時代の風に吹かれて」
日時 :平成30年2月18日(日)15:00~16:30[14:00開場]
場所 :桶川市民ホール(大ホール)
    桶川市若宮1-5-9     
※さいたま文学館と同じ建物の中にあります。
定員 :690名(応募多数の場合は抽選)
費用 :無料

【当選・落選の通知について】
多くの方からのお申込みありがとうございました。

・インターネットでお申し込みの方
 2月4日(日)通知メールをお送りいたしました。

一斉送信により、送付しているため、メールが送付されない事例が生じています。
通知が届かない場合、お手数ですがさいたま文学館(048-789-1515)までご連絡ください。

【当日のキャンセル待ちについて】
多数の参加が予定されているため、当日のキャンセル待ちは、ございません。


※往復はがきの返信面もしくは返信のメールで受講の可否をお知らせいたします。
※御応募はお一人様1回のみとさせていただきます。(重複応募は無効とさせていただきます。)
※2名御一緒の参加を希望される場合は、往復はがきで御応募ください。

<五木寛之(いつきひろゆき)氏プロフィール>

1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮 より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。
1966年、『さらばモスクワ愚連隊』で小説現 代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木 賞、『青春の門』で吉川英治文学賞を受ける。

 2002年度第50回菊池寛賞、2010年、 NHK放送文化賞、第64回毎日出版文化賞特別 賞を受賞。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。 代表作に『風に吹かれて』『朱鷺の墓』『戒厳令 の夜』『蓮如』『風の王国』『大河の一滴』『T ARIKI』『親鸞』(全6巻)などがある。

特別講演会 五木寛之氏チラシ(PDF)

17:26
2017/11/28

平成29年 お話の泉・冬(終了)

| by さいたま文学館
お話の泉・冬
(さいたま文学館 幼児・小学生対象プログラム)
えいが上映会

こちらのイベントは終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございます。



[日程、内容]
① 12月23日(土・祝)
  11:00~12:00
   ミッキーマウスの楽しい冬
サンタのおくりもの
サンタの山妖精の森 ひっこし

14:00~15:10
   森のトントたち
クリスマスクリスマス
大男とクリスマスツリー
14ひきのさむいふゆ

① 1月6日(土)
   11:00~12:00
   ムーミン ぼくは王様だ!!
   スノーマン

   14:00~15:50
   母をたずねて三千里

(受付は、上映開始の30分前から)

[ところ]
文学ホール

[費用]
入場無料

[対象]
幼児、小学生 
(保護者の方も一緒にご覧いただけます。)

[定員]
映画:200名

[申込]
申込み不要です。直接会場に来てください。


14:13
12345