トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1812812

施設マップ

.... ....

新着情報一覧

新着情報
12345
2022/07/07

「文芸埼玉」第107号刊行のお知らせ

| by さいたま文学館

「文芸埼玉」第107号を刊行しました


   


令和4年3月に発表された「第53回埼玉文芸賞」応募作品390点の中から選ばれた、

受賞作品13点及び佳作作品27点を掲載しています。

 

受賞作品のうち、小説(1点)、エッセイ(2点)、児童文学(2点)について全文掲載しています。

 

(その他の作品は抄録、長文部門の佳作作品については各部門第1席のみ全文掲載し、他の作品は作品名・作者名紹介のみ)

 

 

〇埼玉文芸賞受賞作品

 

「カラスの居場所」 (川合 純子) <小説>

『しろい風の中で』 (田中眞由美) 詩 >

『帽子が不在』       (高橋 元子) <短歌>

 

 

「文芸埼玉」は、さいたま文学館文学図書室、県政情報センター、県内公立図書館等(※)で御覧いただくことができます。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閲覧を御希望の際は、目的の施設にあらかじめ電話等で御確認の上、お訪ねください。

 

内容や購入方法については、さいたま文学館ウェブサイトの「さいたま文学館の刊行物」をご覧ください。



11:00
2022/07/06

蔵書検索の一時停止について

| by さいたま文学館

蔵書検索の一時停止について



図書館システムメンテナンスのため、下記の期間中、蔵書検索ができなくなります。
ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

停止期間:令和4年7月25日(月)20時00分~24時00分まで


13:50
2022/06/22

サーバーメンテナンスのお知らせ

| by さいたま文学館

本サイトは2022年6月27日(月)にサーバーメンテナンスを実施します。

 

下記の通り、ホームページの閲覧および各種サービスを一時休止いたします。
お客様にはご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

■ホームページの閲覧および各種サービスの休止期間       
2022年6月27日(月)18:00~ 20:00

 

※作業の状況により終了時間が前後することがございますので、ご了承下さい。


18:18 | 文学館からのお知らせ
2022/06/18

2022 夏・文学の集い

| by さいたま文学館
2022 夏・文学の集い
 ― 北原立木ワールドへようこそ ―


 チラシはこちら 文学の集い 夏.pdf(約240KB)

第一部 講演 「タマシイの正体ー『タマ子』を巡って」
                講師 永杉徹夫(エッセイスト)
       「ハナアルキ」のメッセージ
                
講師 田中美千代(詩人)            
          
第二部 人と作品
       ユニークな発想の魅力  川合純子(孤帆の会)

       夢・書くことと人生   秋池陽子(小説サークル)
       好奇心と日常
      北原立木(文化選奨受賞者)

日時:8月7日(日) 開場:13時00分/開演:13時30分  
会場:さいたま文学館 文学ホール(1F)
申込:048-789-1515(さいたま文学館/申し込み順で受付けます)
入場:無料 

主催:(一社)埼玉県文化団体連合会文学部会  共催:さいたま文学館
後援:(一社)埼玉県文化団体連合会・孤帆の会・埼玉文芸家集団・ヒアシンスハウスの会
11:10
2022/06/16

令和4年度 夏の巡回展

| by さいたま文学館

巡回展「〝もっと〟変な話をしたい。―異界への招待 第28回萩原朔太郎賞受賞者マーサ・ナカムラ展」


チラシ表 .pdf

チラシ裏.pdf

“異界を生む”―詩人マーサ・ナカムラ

 史上最年少で萩原朔太郎賞を受賞した詩人マーサ・ナカムラさんは、「天才と言われる方々がいますが、最年少で受賞したからといって、天才ではないと思います。ただ“異界”を生み出す能力があるのです」と語ります。

 その言葉どおり、彼女の詩集を開いてみると、紙面を舞う言葉たちに吸い込まれるように異界へといざなわれ、詩集を閉じるころにはもうすっかり、“異界”に魅了されてしまうのです。

 どうしてこのような世界を構築できるのか。マーサ・ナカムラさんの受賞作『雨をよぶ灯台』を軸に、過去から現在にいたるまでの足跡をたどり、“異界を生む能力”の秘密に迫ります。

  また本展示は、2021年に萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館で開催した展示の巡回展として、マーサ・ナカムラさんの出身地である埼玉県で初めて開催します。

 

 

【会期】

令和4716日(土曜日)から828日(日曜日)まで

休館日:月曜日、719日(火曜日)、726日(火曜日)、823日(火曜日)

 

【観覧時間】 

午前10時から午後530分まで(観覧受付は午後5時まで)

【観覧料】

一般210円 高校生・学生100

(中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)

 

【企画】

萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館

【特別協賛】

マーサ・ナカムラ、マーサ・ナカムラ氏ご家族

 

【後援】

松伏町教育委員会




16:00
2022/06/08

図書室展示『埼玉再発見! 紀行文を読んで街に出よう』

| by さいたま文学館

図書室展示『埼玉再発見! 紀行文を読んで街に出よう』

 


紀行文学とは、旅での見聞や感じたことを文や歌、日記などで書き記した文学作品です。

文学図書室では、埼玉ゆかりの文学者の紀行文や、埼玉ゆかりの地を旅している紀行文も数多く収集しています。

 

現在文学図書室では、埼玉ゆかりの地を旅している紀行文や、埼玉県内の名所・旧跡を紹介した資料を下記のとおり展示しています。

コロナ対策を継続しながら皆様も街に出かけてみませんか。

 

展示期間:令和4年6月8日(火)~令和4年7月15日(金)まで

展示場所:図書室正面円形テーブル

 

展示している資料は図書室内でご自由に閲覧できます。

皆様のお越しをお待ちしています。



11:40
2022/06/07

おはなしの泉・夏

| by さいたま文学館

おはなしの泉・夏

おはなしの泉・夏
     おはなしの泉・夏 チラシ(表)          おはなしの泉・夏 チラシ(裏)


8月6日(土)

★午前の部★ 

 アニメ映画上映会(11:00~12:10)

 「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」

    ※プログラムは変更となる場合がございます。
 

 会場:1階文学ホール

 申込:さいたま文学館(048-789-1515)までお電話ください。

 定員:120名/先着順(無料)

 受付:会場で、30分前から受付をします。    
 ●引率の保護者も一緒にご覧になれます。   
 ●おはなしの部屋のスタンプカードを持っている人はもってきてください。


★午後の部★

 絵本ワークショップ(14:00~15:00)  

   「なまえのえほん ~じぶんのなまえでえほんをつくろう~」

      お子さんが最初に覚える「なまえ」。その字を使って、お子さんといっしょに、
      世界で一冊の絵本をつくります。
      2歳ぐらいから遊べますが、字を覚え始めたお子さんに、とくにおすすめです。


           

     (ベルちゃん 4歳女の子)        (あきとくん 6歳男の子)

  
  講師:さいとう いんこ氏

                  (作詞家/アート・エデュケーション・スクエア代表)

 会場:2階 講座室1
 対象:2歳~未就学児とその保護者 

 申込:さいたま文学館(048-789-1515)までお電話ください。

 定員:親子10組(20人)/先着順(無料)

 <持ち物>
●はさみ、のり、セロテープ、ホッチキス
●色ペン、クレヨン、折り紙(小さいサイズ)
  ●ひらがなシール
●シンブルな形( ☆、♡、?)や、お子さんのお気に入りのシール
●背表紙に貼るマスキングテープ

【お問合せ】
 さいたま文学館 「おはなしの泉・夏」係 
 桶川市若宮1-5-9
 Tel:048-789-1515
 


10:00
2022/05/27

「文芸埼玉」第108号掲載作品募集のお知らせ

| by さいたま文学館

「文芸埼玉」第108号掲載作品募集のお知らせ






今年度も「文芸埼玉」第108号の掲載作品を募集いたします。

募集要項の配布につきましては、毎年情報公開後に県内の公立図書館や公民館に御協力いただいております。

近隣施設での入手をお考えの場合は、目的地の開館情報、在庫の有無をあらかじめ電話等で御確認の上、お訪ねくださるようお願いいたします。

当館HPから募集要項が入手可能な方は、是非ダウンロードして御利用ください。

また、当館では郵送でのお取り寄せにも対応しております。

84円切手を貼り、住所・氏名を明記した返信用封筒(長3)をお送りください。

到着後、順次発送させていただきます。


なお、募集要項はコピー可となっており、応募票は1部門につき1枚で応募可能です。

一人でも多くの方のお手元に募集要項が届くよう御協力ください。


〈郵送請求先〉

  〒363-0022

  桶川市若宮1-5-9

  さいたま文学館「文芸埼玉」係


皆様の御応募を心よりお待ちしております。



応募の概要は下記のとおりです。

詳しくは文芸埼玉108号募集要項.pdf(PDF:約246KB)をダウンロードして御覧ください。

「文芸埼玉」につきましては、さいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」を御覧ください。



■募集対象作品

 次のAまたはBの分野とし、各部門の作品1点あたりの基準は、次のとおりとします。


 A 自由作品(題材自由)

 (1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門  原稿用紙30枚以内

 (2)詩部門  本文30行以内(空行含む)  
 (3)短歌部門  10首

 (4)俳句部門  10句 
 (5)川柳部門  10句 


 B 共通テーマ作品(テーマ「埼玉の木 または 埼玉の樹」)

 ※私たちの身近な存在である樹木。高くそびえたつ大きな木、庭に植えた小さな木、

  みなさんの中にある様々な「木」または「樹」をテーマにした作品をお待ちしています。

 (1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門  原稿用紙20枚(随筆は10枚)以内

 (2)詩部門  本文30行以内(空行含む)
 (3)短歌部門  5首
 (4)俳句部門  5句

 (5)川柳部門  5句



※同部門のA(自由作品)とB(共通テーマ作品)の両方に応募することはできません。

 例:A(自由作品)の詩部門とB(共通テーマ作品)の詩部門に応募することはできません。

 なお、応募作品は、未発表作品に限ります。



■応募資格

 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成19年4月1日以前に生まれた方)


■応募期限  令和4年7月31日(日)(当日消印有効)

 


主催 埼玉県教育委員会         

事務局 さいたま文学館「文芸埼玉」係

〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515



11:00
2022/05/15

令和4年度 埼玉文芸 新緑の集い(主催:埼玉文芸家集団)

| by さいたま文学館

令和4年度 【埼玉文芸 新緑の集い】(主催:埼玉文芸家集団) 

震災句・コロナ句・有名句

17世川柳 石川柳翁がご案内

川柳を鑑賞しましょう

 


※こちらのイベントは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。


[日時]令和4年6月12日(日)

    14時00分~16時00分(開場 13:30)

 

[会場]さいたま文学館1階 文学ホール

 

[参加費]無料


[申込]

<一般の方>

さいたま文学館へお電話にてお申込みください。

※先着50名 (TEL:048-789-1515)
定員に達したため、募集を終了いたしました。

 

<埼玉文芸家集団会員の方>

埼玉文芸家集団事務局まで所定の葉書にてお申し込みください。

(問い合わせ:野村路子)

 


15:53
2022/05/15

令和4年度 埼玉文学講座

| by さいたま文学館

令和4年度 埼玉文学講座 

 学芸員が語る〝埼玉ゆかり〟の文学
  サポーター養成講座も兼ねます。気軽にご参加下さい

   

※こちらの講座は終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

日時・講師:6月8日(水) 影山亮
(当館学芸員)「永井荷風・太宰治」

9日(木) 加藤光男(当館学芸員)「澁澤龍彦・三島由紀夫」

10日(金) 大明敦(当館学芸員)「田山花袋・宮沢賢治」

       10時30分~12時00分(10時開場)


場所: さいたま文学館2階 講座室1


費用: 無料


定員: 20名(先着順) 
定員に達したため、募集を終了いたしました。


申込方法: 電話でさいたま文学館(048-789-1515)へ

      


15:49
12345