さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数609592

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

打木 村治(うちき むらじ)

打木村治
打木 村治(うちき むらじ)
明治37~平成2(1904-1990)

天の園シリーズ・大地の園シリーズ
▲天の園シリーズ(左)・大地の園シリーズ

【文学者について】
打木村治は大阪市福島区に生まれた小説家・児童文学作家ですが、3歳の時に今の東松山市に移り、旧制川越中学(現・県立川越高校)で学びました。
『支流を集めて』や『十六歳』などの小説に続き、東松山で過ごした小学校時代をモデルとした小説、『天の園』やその続編『大地の園』を発表し、活躍しました。
『天の園』は昭和47年の芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。また、『天の園』は平成17年5月、「雲の学校」としてアニメ映画化され、県内で上映会が実施されています。

【埼玉とのかかわり】
明治40年から大正5年までを過ごした東松山での少年時代が小説『天の園』『大地の園』に表現されています。
その後、川越、所沢へと移り、晩年は飯能に暮らしました。また、所沢市山口観音境内、飯能市子ノ権現天龍寺、東松山市唐子中央公園には文学碑が建てられています。

【主な作品】
支流を集めて(昭14) 十六歳(昭34) 天の園(昭47) 大地の園(昭53)