さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数687455

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

北川 千代(きたがわ ちよ)

北川千代
北川 千代(きたがわ ちよ)
明治27~昭和40(1894-1965)

明るい空・父の乗る汽車・二ひきのりす
▲左から順に、明るい空・父の乗る汽車・二ひきのりす

【文学者について】
北川千代は現在の深谷市に生まれた児童文学作家です。
『世界同盟』など社会の現実を直視したテーマで多くの作品を発表しました。『みつばちマーヤの冒険』や『アンクルトム物語』などの翻訳も手がけています。
亡くなった後、千代の児童文学におけるはたらきを記念して、昭和44(1969)年に日本児童文学者協会により、優れた新人童話作家に贈られる「北川千代賞」がつくられました。

【埼玉とのかかわり】
千代の父親は深谷にあった日本煉瓦工場の工場長でした。明治38年に東京に移るまで、千代は深谷で過ごしました。
作品では父の工場をヒントにした『「汽車の婆」の話』などを発表しています。

【主な作品】
世界同盟(大8) 春やいずこ(昭6) 父の乗る汽車(昭12) 北川千代児童文学全集(昭42)

【関連サイト】
深谷市ホームページ:北川千代が紹介されています。