さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数646266

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

長谷川 かな女(はせがわ かなじょ)

長谷川かな女
長谷川 かな女(はせがわ かなじょ)
明治20~昭和44(1887-1969)

定本かな女句集[限定100部各冊自筆句入り]
▲定本かな女句集[限定100部各冊自筆句入り]

【文学者について】
長谷川かな女は現在の東京都中央区生まれの俳人です。
夫・長谷川零余子の友人であった現・行田市の俳人、石島雉子郎のすすめで俳句を始めました。俳誌『ホトトギス』に参加して高濱虚子に学びましたが、大正10(1921)年に夫と俳誌『枯野』を作り、活躍の場を広げました。

【埼玉とのかかわり】
かな女は昭和3(1928)年より浦和市岸町(現・さいたま市)に移り住み、そこで俳誌『水明』を作りました。昭和30年に浦和市名誉市民に選ばれ、市内の別所沼公園や調神社には、かな女の句碑が建てられています。

【主な作品】
竜胆(昭4) 定本かな女句集(昭39) 続小雪(昭43) 牟良佐伎(昭44)