さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数646291

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

鹿児島 壽藏(かごしま じゅぞう)

鹿児島壽藏
鹿児島 壽藏(かごしま じゅぞう)
明治31~昭和57(1898-1982)

壽藏自筆色紙・故郷の灯
▲壽藏自筆色紙(左)・故郷の灯

【文学者について】
鹿児島壽藏は福岡県福岡市出身の歌人です。
歌誌『アララギ』に参加し、島木赤彦、土屋文明らに学んで活動を続けました。
また、紙塑人形の第一人者として、昭和36(1961)年に重要無形文化財(人間国宝)に選ばれました。

【埼玉とのかかわり】
昭和20(1945)年から7年間を熊谷市で過ごしました。ここで歌誌『潮汐』を発行し、「関東アララギ会」を結成しています。 歌集『求青』には熊谷空襲を歌ったものなど、熊谷ゆかりの作品が収められています。

【主な作品】
潮汐(昭16) 茉莉花(昭21) 求青(昭25) 故郷の灯(昭43)