さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数746466

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

三ヶ島 葭子(みかじま よしこ)

三ヶ島葭子
三ヶ島 葭子(みかじま よしこ)
明治19~昭和2(1886-1927)

吾木香
▲吾木香

【文学者について】
三ヶ島葭子は現在の所沢市に生まれた歌人で、学生時代は埼玉県女子師範学校(現・埼玉大学)に通っていました。
島木赤彦や古泉千樫らに歌を学び、文芸誌『スバル』、女流文芸誌『青踏』、歌誌『アララギ』などを舞台に活躍しました。

【埼玉とのかかわり】
生前に発表した唯一の歌集『吾木香』には、所沢の飛行場を歌った作品などが収められています。また、昭和33(1958)年に所沢市にある神明神社の境内に歌碑が建てられました。

【主な作品】
吾木香(大10) 三ヶ島葭子全歌集(昭9) 三ヶ島葭子歌集(昭23) 定本三ヶ島葭子全歌集(平5)

【関連サイト】
所沢市生涯学習推進センター :三ヶ島葭子資料室について紹介しています。