さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数717646

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

前田 夕暮(まえだ ゆうぐれ)

前田夕暮
前田 夕暮(まえだ ゆうぐれ)
明治16~昭和26(1883-1951)

水源地帯
▲水源地帯

【文学者について】
前田夕暮は現在の神奈川県秦野市出身の歌人です。
明治43(1910)年に発表した第一歌集『収穫』により、若山牧水とともに自然主義を代表する歌人と呼ばれるようになりました。後には夕暮自身が作った歌誌『詩歌』を中心に、口語自由律短歌にも取り組みました。

【埼玉とのかかわり】
大正8(1919)年からの約5年間と、昭和20(1945)年からの約2年間をそれぞれ秩父郡両神村と大滝村で暮らし、その風景などを歌った『原生林』などの歌集を発表しています。
今も夕暮が暮らした大滝村の家が残っており、その前には記念の歌碑が建てられています。

【主な作品】
収穫(明43) 生くる日に(大3) 原生林(大14) 水源地帯(昭7)

【関連サイト】
秦野市立図書館 (神奈川県秦野市):館内に前田夕暮記念室があります。