さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数609635

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

神保 光太郎(じんぼ こうたろう)

神保光太郎
神保 光太郎(じんぼ こうたろう)
明治38~平成2(1905-1990)

冬の太郎・詩のこころ[初版]・詩のあじわいかた
▲左から順に、冬の太郎・詩のこころ[初版]・詩のあじわいかた

【文学者について】
神保光太郎は山形県山形市出身の詩人です。
学生時代から詩を作り始め、昭和10(1935)年に文芸誌『日本浪曼派』に参加し、詩誌『四季』などに作品を発表しました。また、昭和24年から日本大学芸術学部の教授もつとめました。

【埼玉とのかかわり】
昭和9(1934)年から浦和市(現・さいたま市)別所沼の近くに暮らしました。昭和57(1982)年には光太郎がよく散歩した別所沼の側に詩碑が建てられました。

【主な作品】
鳥(昭14) 雪崩(昭14) 南方詩集(昭19) 青の童話(昭28)