さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数687430

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

岡本 潤(おかもと じゅん)

岡本潤
岡本 潤(おかもと じゅん)
明治34~昭和53(1901-1978)

笑う死者[初版]・罰当りは生きてゐる[初版]
▲笑う死者[初版](左)・罰当りは生きてゐる[初版]

【文学者について】
岡本潤は現在の本庄市に生まれた詩人で、幼年時代を本庄で過ごしました。
大正12(1923)年、「詩とは爆弾である!」の宣言のもと、壷井繁治、川崎長太郎らと雑誌『赤と黒』を作りました。その後、『罰当りは生きてゐる』(昭8)など反権力の立場から多くの詩集を発表しました。
また、昭和11年に友人のすすめで新興キネマ撮影所脚本部に入り、「和田潤」のペンネームで映画の脚本も書きました。

【埼玉とのかかわり】
5歳頃まで本庄で暮らしました。詩集『笑う死者』(昭42)にある「いまいましい町」という詩は、潤が久しぶりに本庄を訪れた時に作られた作品です。

【主な作品】
罰当りは生きてゐる(昭8) 襤褸の旗(昭22) 詩人の運命(昭49) 岡本潤全詩集(昭53)