さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数687438

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

蔵原 伸二郎(くらはら しんじろう)

蔵原伸二郎
蔵原 伸二郎(くらはら しんじろう)
明治32~昭和40(1899-1965)

定本岩魚[初版]・愛用の香炉
▲定本岩魚[初版](左)・愛用の香炉

【文学者について】
蔵原伸二郎は今の熊本県阿蘇郡阿蘇町に生まれた詩人です。
大学在学中の大正12(1923)年に、萩原朔太郎の詩集『青猫』に影響を受けて詩を書き始め、昭和14(1939)年に第一詩集『東洋の満月』を発表しました。
詩集『岩魚』は昭和39(1964)年に読売文学賞を受賞した伸二郎の代表作の一つです。

【埼玉とのかかわり】
昭和20(1945)年に現在の飯能市吾野に移り住み、その後同じく飯能市の河原町へ移り、亡くなるまでを過ごしました。飯能の風景を愛し、そこで『暦日の鬼』『乾いた道』『岩魚』などの代表作を発表しました。また、詩碑が飯能市天覧山の入口に建てられています。

【主な作品】
東洋の満月(昭14) 戦闘機(昭18) 暦日の鬼(昭20) 岩魚(昭39)