さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数609623

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

三上 於菟吉(みかみ おときち)

三上於菟吉
三上 於菟吉(みかみ おときち)
明治24~昭和19(1891-1944)

雪之丞変化
▲雪之丞変化

【文学者について】
三上於菟吉は現在の春日部市出身の小説家です。
少年時代、通学していた旧制粕壁中学(現・県立春日部高校)では文芸部に所属しており、その後、大正から昭和初期の大衆文学界を代表する作家として活躍しました。
昭和9(1934)年から朝日新聞に連載されていた小説『雪之丞変化』は大変人気を集め、繰り返し映画化されている於菟吉の代表作です。

【埼玉とのかかわり】
埼玉を舞台にした作品には小説『百万両秘聞』や、故郷を懐かしみ、春日部で過ごした中学時代のことを書いた『随筆わが漂泊』などがあります。

【主な作品】
春光の下に(大4) 黒髪(大14) 鴛鴦呪文(大15) 雪之丞変化(昭9)