さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数646273

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

武者小路 実篤(むしゃこうじ さねあつ)

武者小路実篤
武者小路 実篤(むしゃこうじ さねあつ)
明治18~昭和51(1885-1976)

新しき村・この道を歩く
▲新しき村(左)・この道を歩く

【文学者について】
武者小路実篤は現在の東京都千代田区出身の小説家です。
明治43(1910)年、志賀直哉らと文芸雑誌『白樺』を作り、小説『友情』や『お目出たき人』により白樺派を代表する作家として活躍しました。昭和26(1951)年には、文化勲章を受章しました。

【埼玉とのかかわり】
人道主義の考えによる共同生活の場として、大正7(1918)年に宮崎県に建設した「新しき村」を、昭和14(1939)年に入間郡毛呂山町に移し、現在に至っています。『この道を歩く』(昭33)という作品には、『東「新しき村」の成長』と題して毛呂山町の「新しき村」の様子が描かれています。

【主な作品】
お目出たき人(明44) 友情(大8) 人間万歳(大11) 井原西鶴(昭6)

【関連サイト】
武者小路実篤記念館 (東京都調布市)
新しき村 (入間郡毛呂山町)