さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数646284

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

利用案内

さいたま文学館について

さいたま文学館

さいたま文学館は、本県にゆかりのある作品や関連資料を収集・保存・展示・調査研究し、
文学の振興を図るとともに、県民の文学活動の拠点とすべく、埼玉県により設置され、
平成9年に開館いたしました。桶川市が設置する桶川市民ホールとの複合施設として、一体的に運営されています。

所在地:〒363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9
Tel. 048-789-1515 Fax. 048-789-1517
交 通:JR高崎線 桶川駅下車。西口から徒歩約5分。
Yahoo!地図情報
Google マップ
 

休館日

  • 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日・県民の日の場合は開館し、翌日が休館になります) 
  • 年末年始(12月29日~1月3日) 
  • 館内整理日(毎月第4火曜日、ただし休日の場合を除く)
 

利用時間

  • 文学ホール、講座室及び研修室・・・午前9時から午後9時まで
    (ただし、日曜日又は祝日の場合は午後5時まで) 
  • 図書室及び展示室・・・午前10時から午後5時30分まで
 

展示室観覧料

  個人 団体
(20人以上の場合に限る)
一般210円1人につき 120円 
学生・生徒100円1人につき 60円
*中学生以下・障害者の方及びその介護者1名の方は無料です。
*65歳以上の方については、条例改正により、平成25年7月1日から有料(一般料金)となりました。

 

施設の利用について

  • 文学関係行事のほか、教育・学術及び文化に関する行事に利用できます。
  • 文学団体、文化・生涯学習団体の場合は利用日の属する月の7か月前の1日から、
    それ以外の団体の場合は利用日の属する月の6か月前の1日からお申し込みの受付をいたします。
    (ご不明な点は、事務室までお問い合わせください)
  • 直接来館又は電話により予約後、2週間以内に申請書を提出していただきます。
  • 施設予約及び利用申請の受付は、午前9時から午後5時までです。
  • 利用時間には、準備及び後かたづけの時間を含みます。この時間内に全てが終了するようにしてください。
  • 休館日には御利用になれません。
 施設名 定員等午前
 9:00~12:30
午後
 13:00~17:00
夜間
 17:30~21:00
 文学ホール 202人 5,140円 5,880円 5,140円
 講座室1 42人 1,360円 1,570円 1,360円
 講座室2 40人 1,050円 1,260円 1,050円
 研修室1 12人 630円 730円 630円
 研修室2 20人 1,150円 1,260円 1,150円
 研修室3
(和室)
 24人 840円 1,050円 840円
 駐車場 96台 30分100円(1時間まで無料)

 付属設備の名称午前
 9:00~12:30
午後
 13:00~17:00
夜間
 17:30~21:00
 ビデオプロジェクター 1,410円1,610円  1,410円
 書画カメラ 680円 770円 680円
 16ミリ映写機 600円 690円 600円
 スライド映写機 490円 560円 490円
 カメラ録画装置 740円 850円 740円
*付属設備の申請は、利用当日でも受付可能です。
 

利用可能時間帯

利用時間には、事前準備から後片付けまでの時間が含まれています
  午前 …  9:00 ~ 12:30
  午後 … 13:00 ~ 17:00
  夜間 … 17:30 ~ 21:00(日曜日及び祝日の場合は利用不可
 

申込み可能期間

  • 利用する6か月前の月初の開館日から、利用の3日前まで
    (例:利用しようとする日が11月10日→5月の最初の開館日から申込み可能) 
  • 文学団体、文学・生涯学習活動団体は、7か月前から3日前まで 
  • 定期利用登録団体(前年度に年6回以上の利用があり、年6回以上の利用予定と文学館活動に協力する団体として
    登録した文学団体)は、8か月前から3日前まで
 

初めて御利用の方

  • 遅くとも利用希望日の1ヶ月前までに、電話もしくは受付窓口にて御相談ください。 
  • 書類により利用内容等を確認の上、利用の可否について審査した後に予約が可能となります。
    (審査には10日程要します。)
 

注意事項

  • 社会教育施設のため、利用許可できない活動は次のとおりです。
  1. 公の秩序または善良の風俗に反するもの 
  2. 政治的活動 
  3. 宗教的活動 
  4. 専ら私的営利を目的とするもの 
  5. その他文学館の設置の目的に反すると認められるとき。
  • 利用上の規制のため許可できない活動は次のとおりです。
  1. 音楽関係の発表会および練習等 
  2. 実技を伴い、特別な用具を必要とするもの(茶道、華道、書道、絵画、彫塑等)

御不明な点や、利用に関する御相談、お申し込みは、文学館事務室(TEL:048-789-1515)までお問い合わせください。

各施設の詳細については、文学活動施設を御覧ください。