さいたま文学館
トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス
 
ご来館者数472440

ご案内

さいたま文学館の刊行物埼玉ゆかりのおもな文学者たち「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)お話の部屋(月1回)小中学校の先生方へ書式のダウンロードサイトマップ新着情報イベント情報

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

お知らせ

 さいたま文学館(桶川市民ホール)の館内にあるけやきカフェでは、宮沢賢治コラボメニューを販売中です。詳しくはこちら

 ◆文学館展示室をご観覧の方に、ただいまけやきカフェの割引券を配布しております
 

ピックアップ情報

【テーマ展】「宮沢賢治 秩父路を行く」

[会期]
  平成28年7月23日(土)~9月4日(日))
  10:00~17:30(観覧受付は17:00まで)

[休館日]
  月曜日、第4火曜日、(7/26・8/23)

[会場]
  さいたま文学館 企画展示室

[観覧料]
  一般210円 学生100円
  (中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護の方1名は無料)

[関連事業の御案内]
  (1)解説講座(担当学芸員によるトークと短編映画))
     8月 6日 (土) 午後2時~3時30分
 
  (2)関連映画上映会『先生はほほーっと宙に舞った』
     8月27日(土) 午後2時~4時

  (3)記念講演会『ジオパーク秩父と宮沢賢治(講師:本間岳史氏)』
     8月28日(日) 午後2時~3時30分
        

※(1)(2)(3)とも会場はさいたま文学館1階・文学ホール
参加ご希望の方は電話でさいたま文学館(048-789-1515)へ
 各先着200名、参加費は無料




【さいたま文学講座】


埼玉県にゆかりの深い文学作品や文学者を解説する講座
日程:平成28年9月1日、8日、15日、22日(すべて木曜日)
参加費:無料
詳細はこちら


【古典文学講読講座】


江戸時代の遊び心を駆使した表現様式を解説し、江戸の人々の遊び心に近づきます。併せて井原西鶴や近松門左衛門、草双紙などの作品を講読し、江戸の文芸にも親しみます。

[日時]平成28年9月30日、10月7日、14日、28日、11月4日(すべて金曜日)

    14:00~16:00(開場13:30)

[参加費]無料 

詳しくはこちら




【第48回埼玉文芸賞について】



今回の応募期間は、9月1日(木)~11月30日(水)(当日消印有効)です。

詳細については、下記のリンク先の応募要領をご覧ください。





【企画展】「平将門-文学は史実を越えて-」




[会期]平成28年10月1日(土)~11月27日(日))
   10:00~17:30(観覧受付は17:00まで)
[会場]さいたま文学館 企画展示室
[観覧料]一般210円 学生100円
  (中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方とその介護の方1名は無料)

詳しくはこちら

右上写真「近江百景之内堅田の落雁平将門」歌川豊国、左下写真「相馬の古内裏」歌川国芳
写真提供:坂東郷土館ミューズ
協力:坂東郷土館ミューズ(茨城県 坂東市立資料館)



【常設展示(特集展示コーナー)の一部展示替え】

「宮沢賢治~生誕120年、埼玉来訪100年~」

今年は、明治29年(1896)8月27日に生まれた宮沢賢治の生誕120年、そして盛岡高等農林学校の2年生であった大正5年(1916)9月に学校の地質旅行に参加して埼玉を訪れてから100年にあたります。

これを記念して、常設展示室の特集展示コーナーを一部展示替えして、「宮沢賢治~生誕120年、埼玉来訪100年~」を9月25日(日)まで開催しております。ケース4台に宮沢賢治の自筆原稿の複製や詩集、童話集、童話集の挿絵原画など17点を展示した小さいコーナーですが、通常の常設展とは違った雰囲気で楽しんでいただけると思います。




 










なお、7月23日(土)から9月4日(日)までは、宮沢賢治の埼玉来訪100年を記念したテーマ展「宮沢賢治 秩父路を行く」も開催しますので、ぜひ御覧ください。