トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1188529

ご案内

埼玉ゆかりのおもな文学者たちForeign-language(多言語)さいたま文学館の刊行物「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)おはなしのへや(月一回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報各種応募フォーム

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

ピックアップ情報

太宰治と埼玉の文豪展

 

チラシ(表)はこちら(PDF497KB)        チラシ(裏)はこちら(PDF607KB)


さいたま文学館では、2020118日(土)から企画展「太宰治と埼玉の文豪展」を開催致します。本企画展ではDMM GAMESより配信中のゲーム「文豪とアルケミスト」と初めてタイアップを致します。

関連事業として、記念講演会と執筆机の撮影会と記念トークイベントを開催致します。

また本企画展のために描き下ろしされたイラスト「黎明ノ懊悩」を使用したクリアファイルやアクリルスタンド、今回取り上げる文豪(太宰治・永井荷風・田山花袋・武者小路実篤・中島敦)の当館限定の缶バッジを販売致します。

※グッズの詳細ラインナップは改めて告知致します。 ➡追加情報はこちら


お支払いは現金のみとなりますので、ご注意ください。(各社クレジットカード・電子マネー等はお使いになれません。)

また企画展の入場者にポストカードを、アンケートをご記入いただいた方に特製しおりをプレゼント致します。

 

会 期

令和2年1月18日(土)から3月8日(日)まで

※休館日:月曜日(ただし224日は開館)、128日(火)、225日(火)

※会期中は、展示替えを実施します。

 会 場

   さいたま文学館 企画展示室及び常設展示室

 開館時間

   午前10時から午後5時30分まで(観覧受付は午後5時まで)

 観 覧 料

   一般210円 高校生・学生100

   (中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)

関連事業

 【記念講演会】

  講師 玉手洋一 氏(「太宰が住んだ大宮」HP管理人)

  日時 2月1日(土)14時~1530

  場所 文学ホール

  申込 電話(048-789-1515)でお申し込みください。(受付時間:休館日を除く、9時~17時)(先着200名・無料)


 【執筆机撮影会】

  日時 131日(金)、21日(土)、2日(日)、22日(土)、23日(日)、37日(土)、8日(日)・各日10001200/14001600

  場所 ギャラリー1

  申込 当日受付・先着100名限定

  料金 1500円(撮影費)


 【記念トークイベント】
  ※こちらの記念トークイベントは応募を締め切りしました
   たくさんのご応募ありがとうございました。

  登壇者 DMM GAMES谷口晃平氏(「文豪とアルケミスト」プロデューサー)

  津島克正 氏(太宰治検定実行委員会委員長)

  日時 126日(日)14時~15

  場所 文学ホール

  申込 電話(048-789-1515)(受付時間:休館日を除く、9時~17時)、
     もしくはこちらの応募フォームからお申し込みください。(抽選方式200名・無料)
    ※申込締切は12月28日(土)です。令和2年1月10日(金)までに当落選結果をご連絡いたします。


 【カフェメニュー】

  当館併設の「けやきカフェ」において、本企画展期間限定の特別メニューを提供致します。太宰治・永井荷風・田山花袋・武者小路実篤・中島敦とゆかりのある飲み物をご用意致します。ご購入者に特製コースターをプレゼント致します。


【敷地内禁煙実施のお知らせ】

さいたま文学館は、令和2年4月1日から敷地内禁煙となります。










令和元年度 特別講演会 
小説家 京極夏彦氏 ”あやしい”特別講演会 
ー怪談、妖怪、またはミステリーとしてー

 

※こちらのイベントのお申し込みは締切となりました。たくさんのお申込みありがとうございました。

日時:令和2年2月8日(土) 14:00~15:30(13:00開場予定)
会場:桶川市民ホール(大ホール)(さいたま文学館と同じ建物内の施設です)
参加:無料(要申込・全席自由)
申込:ハガキ または インターネット(いずれの方法でも2名様までお申し込みいただけます)
   応募者多数の場合は抽選。受講いただける方には「受講券(参加券)」を郵送いたします。
   (抽選の場合は、この受講券の発送をもって当選発表に代えさせていただきます。)
   ※ご応募はお一人様1回のみとさせていただきます。
        (重複応募は無効とさせていただきます。)

   〇ハガキでのご応募
    裏面に「講座名(特別講演会)・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・
    電話番号・申込人数(2名の場合はお連れの方の氏名・年齢も)」を記入して、
    さいたま文学館までお送りください。(令和2年1月20日(月)当日消印まで有効)

   〇インターネットでのご応募
    こちらの応募申込フォームよりおすすみいただき、必要事項を入力してください。
    (令和2年1月20日(月)23時59分まで入力可)





「埼玉ゆかりの文学者講座」ー文学館サポーターへの道ー




 チラシはこちら(PDF約85KB)

さいたま文学館の常設展示されている埼玉ゆかりの文学者(20人)についての学習会です。
講座終了後、希望者はゆかりの文学者について来館者へ分かりやすく解説する、展示解説ボランティア「文学館サポーター」に応募できます。

【養成講座期間】
 令和2年2月15日・22日・29日・3月7日・21日(すべて土曜日)

【時間・場所】
 午前10時30分~12時 さいたま文学館3階 研修室2

 ■受講資格 県内在住・在勤、在学者
 ■定員   20名(抽選方式/全日出席できる方)
 ■講師   さいたま文学館学芸員
 ■サポーター希望者
   簡単な選考会を行い、5名を上限として採用します。
   活動期間は令和2年4月から令和4年3月(月1~2回程度)
   詳しくは第1回講座で説明いたします。
 ■申込方法 電話かホームページのいずれかでお申し込みください。(1月31日締切)
  ①電話 さいたま文学館(048-789-1515)
  ②ホームページ こちらの申込フォームに必要事項を記入してください。






令和元年度 「後期文学創作講座」
 今日からはじめる随筆講座 ~自由な心で書く喜び・読む楽しさを~

 チラシはこちら(PDF853KB)


作家の野村路子(のむら みちこ)氏を講師にお招きして、
エッセイの書き方を学ぶ講座を開催します。エッセイに興味はあるけれど、何をどんなふうに書けばいいのか……。本講座はそんな初心者の方々に向けて、エッセイを書く喜びや読む楽しさを知っていただくために開講されます。
何気ない毎日の中で心に浮かぶ情景や様々な想いを文章で綴り、日々の生活に彩りを添えてみませんか?

[日時]
 令和2213日、220日、35日、319日(すべて木曜日)
 14時から16時(1330分開場)
[会場]
 さいたま文学館2階 講座室1
[費用]
 無料
[定員]
 42名(応募多数の場合は抽選)

[申し込み]
 往復ハガキに、講座名「後期文学創作講座」・住所・氏名・年齢・電話番号を明記して、さいたま文学館(〒363-0022 桶川市若宮159)にお送りください。
(令和2年1月15日(水)消印有効)





 

イベント情報

 
表示すべき新着情報はありません。