トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1287282

ご案内

文学展示室埼玉ゆかりのおもな文学者たちForeign-language(多言語)さいたま文学館の刊行物「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)おはなしのへや(月一回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ新着情報各種応募フォーム

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

ピックアップ情報

文学ホール再開のお知らせ



新型コロナウイルス感染拡大防止のため、文学ホールの利用を休止しておりましたが、619日(金)から利用を再開いたします。

ご利用の皆様には引き続き以下の対策をお取りいただきながら御利用下さいますようお願いいたします。

 

 【入館時のお願い】

●入・退館時は手指の消毒に御協力ください。

●37・5度以上の発熱や風邪などの症状のある方は入館できません。

●入館時は検温及び入室者カードの記入に御協力ください。

(万が一の時に、保健所等の聞き取り調査等に御協力いただく場合があります)

●文学ホール、講座室、研修室の御利用は、定員の50%程度といたします。

●文学図書室の新聞閲覧は1時間以内といたします。

●展示室、図書室とも状況によって入室制限を行う場合があります。室内での会話は御遠慮下さい。

●館内ではマスクを着用して下さい。

● 他の入館者とは十分な距離(概ね2メートル)をお取りください。

 

 【さいたま文学館・職員の取組】

① 職員のマスク着用、手洗い・手指の消毒、出勤前の体温測定を徹底しています。

② 施設入口等に消毒液を設置しています。

③ 受付・入場券販売カウンターに飛沫防止スクリーンを設置しています。

④ 椅子の配置など適切な間隔を確保しています。

⑤ 館内のドアノブ、手すり、椅子、トイレ、エレベーター、展示機器のスイッチ類、タッチパネル等は定期的に消毒を行っています。

⑥館内の換気は、空調システムにより外気を導入しながら常時行っています。

 




収蔵品展「俳画コレクション ―岡本癖三酔作品展―」の開催について

 

今回の収蔵品展では、当館の収蔵品の中から明治中期から昭和初期に活躍した俳人で俳画を得意とした岡本癖三酔(おかもとへきさんすい。18781942)の作品を特集します。岡本癖三酔は正岡子規の門弟で、同じく子規の門弟であった幸手出身の俳人・中野三允(なかのさんいん。18791955)と大変親しい間柄でした。当館では「中野三允コレクション」として中野三允の旧蔵資料を多数収蔵しており、その中には癖三酔の作品が数多く含まれています。この中野三允の旧蔵資料を中心に、俳句と絵画を融合した独自の世界をめざした岡本癖三酔の個性あふれる作品40点余りと関連資料を展示します。

なお、この展示は当初は4月25日(土)から6月7日(日)まで開催を予定しておりましたが、緊急事態宣言の発出による臨時休館のため6月2日からの開催となったため、会期を下記のとおり延長して実施します。

 

■会期

第1期:6月2日(火)~6月28日(日) ※第1期は終了しました

第2期:7月21日(火)~8月23日(日)

※第1期と第2期の間に一部作品の展示替を行います

 

■休館日

毎週月曜日(ただし8月10日は開館)、7月28日(火)、8月11日(火)

 

■観覧時間

10:00~17:30(ただし観覧受付は17:00まで)

                           


 

 

      

チラシ(表)はこちらPDF248KB)         チラシ(裏)はこちらPDF246KB

 

また、この展示の概要や見どころについては、こちら↓から動画でも紹介しております。

http://www.saitama-bungakukan.org/?page_id=268




「文芸埼玉」第104号掲載作品募集のお知らせ



今年度も「文芸埼玉」第104号の掲載作品を募集いたします。


募集要項の配布につきましては、毎年情報公開後に県内の公立図書館や公民館に御協力いただいておりますが、5月29日現在、新型コロナウイルスの感染防止のため、多くの施設が休館中です。

各施設への配布手続きを進めておりますが、印刷業界や物流業界への影響もあり、例年よりも時間がかかる可能性もございます。

当館HPから募集要項が入手可能な方は、是非ダウンロードして御利用ください。

近隣施設での入手をお考えの場合は、目的地の開館情報、在庫の有無をあらかじめ電話等で御確認の上、お訪ねくださるようお願いいたします。


また、当館では郵送でのお取り寄せにも対応しております。84円切手を貼り、住所・氏名を明記した返信用封筒(長3)をお送りください。到着後、順次発送させていただきます。


なお、募集要項はコピー可となっており、応募票は1部門につき1枚で応募可能です。一人でも多くの方のお手元に募集要項が届くよう、御理解、御協力くださるよう、よろしくお願いいたします。


 〈郵送請求先〉

  〒363-0022

  桶川市若宮1-5-9

  さいたま文学館「文芸埼玉」係


日々変化する困難な社会情勢の中、たくさんの応募希望のお問い合わせをいただき、ありがとうございました。皆様の御応募を心よりお待ちしております。



応募の概要は下記のとおりです。

詳しくは募集要項(PDF:約754KB)をダウンロードして御覧ください。

「文芸埼玉」につきましては、さいたま文学館ウェブサイトの「文芸埼玉と埼玉文芸賞」を御覧ください。

                          

■募集対象作品


次のAまたはBの分野とし、各部門の作品1点あたりの基準は、次のとおりとします。


A 自由作品(題材自由)

(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門  原稿用紙30枚以内

(2)詩部門  本文30行以内(空行含む)  (3)短歌部門  10首

(4)俳句部門  10句           (5)川柳部門  10句 


B 共通テーマ作品(テーマ「灯」)

※照明の「あかり」、存在・実在などのあかしのたとえ「ともしび」等、様々な灯で読者の心を明るくさせる作品をお待ちしています。


(1)小説・評論(文芸に限る)・随筆・児童文学部門  原稿用紙20枚(随筆は10枚)以内

(2)詩部門  本文30行以内(空行含む)       (3)短歌部門  5首

(4)俳句部門  5句                  (5)川柳部門  5句


同部門のA(自由作品)とB(共通テーマ作品)の両方に応募することはできません。

例:A(自由作品)の詩部門とB(共通テーマ作品)の詩部門に応募することはできません。

なお、応募作品は、未発表作品に限ります。


■応募資格

 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成17年4月1日以前に生まれた方)


■応募期限  令和2年7月31日(金)(当日消印有効)

 

主催 埼玉県教育委員会         

事務局 さいたま文学館「文芸埼玉」係

〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515 




おはなしの泉・夏




★アニメ映画上映会★
『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ/湖の怪物』
 絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作
 「くまのアーネストおじさん」シリーズのアニメ作品!

  くまのアーネストおじさんとねずみの女の子・セレスティーヌ。
  仲良く暮らす2人の生活には、毎日いろいろなことが起こります・・・


日時:8月22日(土) 14:00~15:00
会場:1階文学ホール
申込:申込み不要です。直接会場に来てください。
受付:当日は各会場で、30分前から受付けをします。

 ●引率の保護者も一緒にご覧になれます。
 ●おはなしの部屋のスタンプカードを持っている人は持ってきてください。
 

イベント情報

 
表示すべき新着情報はありません。