トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1660007

ご案内

新着情報利用案内各施設のご利用ガイドライン文学展示室埼玉ゆかりのおもな文学者たちForeign-language(多言語)さいたま文学館の刊行物「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)おはなしのへや(月一回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ各種応募フォーム

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

ピックアップ情報

令和3年度 埼玉誕生150周年記念企画展「旅する文学 ‐紀行文学で巡る埼玉‐」


  


開催期間

 令和3年10月2日(土)~11月28日(日) ※ 休館日:毎週月曜日、10月26日(火)


観覧料

 一般 210円  大学生・高校生 100円

 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(介助者1名を含む)は無料


開催概要

 今年は、明治4(1871)年11月14日に埼玉県が誕生してから150周年を迎えます。このことを記念し、近代紀行文学を通して埼玉県内の名所・旧跡及び風情を紹介する企画展を開催します。

 幸田露伴、田山花袋、与謝野晶子、若山牧水、高濱虚子らの紀行文や短歌・俳句を通し、近代作家や歌人・俳人の目にとまった明治・大正・昭和初期における埼玉の魅力を紹介します。

 紀行文学作品を中心にしながら、当時の観光パンフレットや絵はがき・錦絵などビジュアル資料も併せて公開しますので、展示室や当館図書室で旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。 


展示構成

□ はじめに 旅行機運の高まりと紀行文学

  鉄道の整備に伴い人々の行動範囲が広がりました。これにあわせて、旅行案内書が出版

 されるとともに、文学者が名所・旧跡を訪れた際の現地の風情や感想を報告した紀行文学

 が編まれるようになります。ここでは、紀行文学の位置づけ、案内書と一味違う紀行文学

 の記載内容を紹介します。


□ 1 紀行文学で巡る名所・旧跡

  近代作家の幸田露伴、田山花袋、大町桂月によって紹介された県内の行楽地を紹介しま

 す。


□ 2 近代歌人の吟行

  吟行とは、詩歌・俳句をつくるために、景色のよい所や名所・旧跡などに出かけていく

 ことです。今回は、与謝野晶子と若山牧水をとりあげ、短歌のみならず近代歌人による紀

 行文も紹介します。


□ 3 近代俳人が詠った風情

  埼玉を訪れた俳人が詠んだ俳句や紀行文を通して、埼玉の風情を紹介します。


□ むすびにかえて 近代文学者が訪れた埼玉

  近代紀行文学によって紹介された埼玉を地域ごとに一覧表にして提示します。


関連事業

関連講演会「近代の紀行文学で味わう埼玉の風物」

 日時:10月23日(土)・11月13日(土) ※ 同一内容を2回実施

    午後2時~3時30分(午後1時30分開場)

 場所:さいたま文学館1階 文学ホール

 内容:加藤光男(今回の企画展担当学芸員)による開催意義、見どころ解説

    松本絵美(当館司書)による作品朗読

 定員:100名

 費用:参加費無料

 申込:さいたま文学館(☎048-789-1515)へ電話にて(先着順)


※ 新型コロナウイルスの感染状況により、変更または中止になる場合があります。




令和3年度アフターファイブ文学講座

ミュージシャンが教える

 はじめての作詞講座 ~歌詞は文学だ~ 

 
 チラシはこちら(PDF約2MB)


〔日時〕

令和4年1月16日・2月2日(全て水曜日 全2回)

午後6時30分~8時(受付 午後6時)

〔場所〕

さいたま文学館 2階 講座室1 

〔募集人数〕

20名(埼玉県内在住・在勤・在学の方)

〔参加費〕

無料  

〔申込方法〕

往復ハガキに講座名(アフターファイブ文学講座)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、さいたま文学館宛にお送りください。(高校生は保護者名を記入の上、必ず保護者の承諾を得る事)
または、当館HPの応募フォームからでも応募可能。

締切令和4年1月7日(金)消印有効
 ※応募者が定員を超えた場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
 ※受講の可否については返信用ハガキまたはメールでお知らせいたします。

 ※講座開設時の状況により、募集人数等が変更になる場合がございます。







第53回埼玉文芸賞の作品募集について


埼玉県教育委員会では、県内における文芸活動の振興を図るため、第53回埼玉文芸賞の作品を募集します。埼玉文芸賞は、昭和44年から実施しており、小説や詩など7部門で、特に優れた作品を顕彰しています。また、今年度も高校生等(令和3年度末現在で満18才以下の方)の優秀作品には奨励賞を贈呈します。

受賞作品は、令和4年6月刊行予定の「文芸埼玉」第107号に掲載します。


 


1 募集内容

(1)募集対象作品

  ○対象となる作品

  令和2年12月1日から令和3年11月30日までの間に創作された作品

  又は、同期間内に新聞・雑誌等に発表又は単行本として刊行された作品


  ○部門・応募基準

  下記の基準数(編・首・句及び枚数)で1作品とし、1部門につき1人1作品応募することができます。

   ア 小説・戯曲(シナリオを含む) 1編(30~100枚)

   イ 文芸評論・伝記・エッセイ 1編(30~100枚:エッセイは10~30枚)

   ウ 児童文学(小説・童話) 1編(5~100枚)

     児童文学(詩) 10編

   エ 詩 10編

   オ 短歌 50首

   カ 俳句 50句

   キ 川柳 50句

   ※ア~ウの枚数は、400字詰原稿用紙換算です。


(2)応募資格

 県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成18年4月1日以前に生まれた方)


(3)応募方法

 詳細については「第53回埼玉文芸賞応募要領」を御覧ください。


 第53回埼玉文芸賞応募要領(PDF:約1.05MB)

 ○1作品につき、応募要領に付された応募票を1枚同封してください。


 ○応募期間は、令和3年9月1日(水曜日)から令和3年11月30日(火曜日)まで(当日消印有効)です。



 ※応募要領は、当館をはじめ最寄りの図書館、公民館等で入手できます。

 又は、84円切手を貼った返信用封筒を同封し下記へご請求ください。


 【請求および応募先】

 〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

 さいたま文学館「埼玉文芸賞」係



2 選考

7部門各3名の選考委員により部門ごとに選考を行い、入選作品を決定します。

なお、選考についてのお問い合わせには応じられません。



3 発表・賞

(1)入選者には、令和4年3月上旬に結果を通知いたします。


(2)各部門1名に、埼玉文芸賞(賞状、記念品及び副賞20万円)を贈呈します。該当者がいない部門については、準賞(賞状、記念品及び副賞10万円)を贈呈することがあります。また、高校生等(令和3年度末18歳以下の方)の作品について、奨励賞(賞状及び図書カード)を贈呈することがあります。



4 問い合わせ先

さいたま文学館 埼玉文芸賞担当

〒363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515

FAX 048-789-1517


 

イベント情報

 
表示すべき新着情報はありません。