トップページ利用案内開館カレンダー資料検索交通アクセス

 
ご来館者数1389729

ご案内

新着情報文学展示室埼玉ゆかりのおもな文学者たちForeign-language(多言語)さいたま文学館の刊行物「文芸埼玉」と埼玉文芸賞常設展示解説(土・日)おはなしのへや(月一回)小中学校の先生方へ書式・催し物案内サイトマップ各種応募フォーム

施設マップ

さいたま文学館NEWSバックナンバー
 
.... ....

ピックアップ情報

企画展「文学に描かれた埼玉の『城』」の開催について

 

 埼玉県域には「河越城」「鉢形城」「忍城」等、たくさんの城がありました。これらの城に関する歴史は語り継がれ 『太平記』や『関東古戦録』『武州鉢形城』『のぼうの城』などの作品として、昇華されてきました。

 これらの作品の舞台である「城」は、城跡・土塁だけになっても当時の姿を伝え、近現代の作家の創作意欲に刺激を与え続ける存在となっています。本展では、城の出土品や関連する連歌、演舞等を交えながら、埼玉県域内の城や城跡などが登場する歴史、伝承、古典、近現代文学の各ジャンルの作品を紹介します。

 加えて火縄銃や、城跡から出土した鉄砲玉などの歴史資料、現地の映像、作家の創作ノートなども公開し、作品を読んで城跡に行きたくなる展示となっています。

 また、関連事業として、記念講演会や展示解説を行うとともに、けやきカフェでは本展にちなんだ限定ランチメニューも販売します。

 

■会期

令和2年10月17日(土)~12月13日(日)

 

■休館日

休館日:毎週月曜日、10月27日(火)、11月24日(火)

 

■観覧時間

10:00~17:30(ただし観覧受付は17:00まで)

 

   
   

     チラシはこちら(PDF約5MB)      チラシはこちら(PDF約4MB)  




令和2年度 「後期文学創作講座」

言葉が詩にかわるとき

 ~ 詩の鑑賞と初心者のための実作講座 ~

   

    

     チラシはこちら(PDF約10MB)



詩人の田中美千代先生を講師にお迎えし、全4回の講座を開催します。 詩の鑑賞と実作の方法を基礎から学べる、初心者の方のための講座です。生活の中で心に感じた想いを、自分だけの言葉で詩に綴ってみませんか。


[日時]

 令和3年2月2日・9日・16日・23日(すべて火曜日)

 14時から16時(13時30分受付)

[会場]

 さいたま文学館2階 講座室1

[費用]

 無料

[定員]

 20名(応募多数の場合は抽選)

[申し込み]

郵便ハガキに、講座名「後期文学創作講座」・住所・氏名・年齢・電話番号を明記して、さいたま文学館(〒363-0022 桶川市若宮1-5-9)にお送りください。申し込み多数の場合は抽選となります。

(令和3年1月13日(水)消印有効)

当選された方には、受講証をお送りします。当選発表は、受講証の発送をもって代えさせていただきます。





令和2年度 アフターファイブ文学講座

小説の書き方・初級編 〈読む〉から〈書く〉へ



 

  チラシ(表)はこちら(PDF約13MB)     チラシ(裏)はこちら(PDF約16MB)

日時 令和2年12月9日・16日・令和3年1月13日・20日
   いずれも水曜日
   午後6時30分から午後8時まで(受付6時~)
会場 さいたま文学館2階 講座室1
定員 20名
対象 埼玉県内に在住・在勤・在学の方
費用 無料
申込 往復はがきに講座名(アフターファイブ文学講座)・住所・氏名・年齢・電話番号
   を明記の上、さいたま文学館宛にお送りください。
   または、こちらの応募フォームよりお申込みください。
締切 令和2年11月30日(月)消印有効

講師 中村 邦生 氏(作家・大東文化大学名誉教授)

講師プロフィール
 大学では、比較文学、英米文学、文章制作を担当。文学担当の編集者として出版社勤務経験もある。

 「冗談関係のメモリアル」で、『文學界』(文藝春秋社)新人賞を受賞。

 「ドッグ・ウォーカー」、「森への招待」がそれぞれ芥川賞候補になる。

 主な著作として、

  小説集   『月の川を渡る』、『風の消息、それぞれの』(以上、作品社)、

        『チェーホフの夜』、『転落譚』(以上、水声社)ほか。

  評論集   『〈虚言〉の領域』(ミネルヴァ書房)、

        『書き出しは誘惑する』、『はじめての文学講義』(以上、岩波書店)など。

  アンソロジー『生の深みを覗く』、『この愛のゆくえ』(以上、岩波文庫)、

        『芥川賞候補作傑作選・平成編2』(春陽堂)。

講師より一言

 書くに値する材料はどこにある?それは書こうとして、初めて記憶の奥から補給されるものです







第52回埼玉文芸賞の作品募集について

 

埼玉県教育委員会では、県内における文芸活動の振興を図るため、第52回埼玉文芸賞の作品を募集します。埼玉文芸賞は、昭和44年から実施しており、小説や詩など7部門で、特に優れた作品を顕彰しています。また、今年度も高校生等(令和2年度末現在で満18才以下の方)に対する奨励賞を実施します。

受賞作品は、令和36月刊行予定の「文芸埼玉」第105号に掲載します。

 
     

1 募集内容

(1)募集対象作品

○対象となる作品

令和元年12月1日から令和2年1130日までの間に創作された作品

又は、同期間内に新聞・雑誌等に発表又は単行本として刊行された作品

 

○部門・応募基準

下記の基準数(編・首・句及び枚数)で1作品とし、1部門につき1人1作品応募することができます。

ア 小説・戯曲(シナリオを含む) 1編(30100枚)

イ 文芸評論・伝記・エッセイ 1編(30100枚:エッセイは1030枚)

ウ 児童文学(小説・童話) 1編(5100枚)

  児童文学(詩) 10

エ 詩 10

オ 短歌 50

カ 俳句 50

キ 川柳 50

※ア~ウの枚数は、400字詰原稿用紙換算です。

 

(2)応募資格

県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成1741日以前に生まれた方)

 

(3)応募方法

詳細については「第52回埼玉文芸賞応募要領」を御覧ください。

第52回埼玉文芸賞応募要領(PDF:約1.4MB)

 

○1作品につき、応募要領に付された応募票を1枚同封してください。

 

○応募期間は、令和2年91日(火曜日)から令和2年121日(火曜日)まで(当日消印有効)です。

 

 

※応募要領は、当館をはじめ最寄りの図書館、公民館等で入手できます。

又は、84円切手を貼った返信用封筒を同封し下記へご請求ください。

 

【請求および応募先】

363-0022 桶川市若宮1-5-9

さいたま文学館「埼玉文芸賞」係

 

 

2 選考

7部門各3名の選考委員により部門ごとに選考を行い、入選作品を決定します。

なお、選考についてのお問い合わせには応じられません。

 

 

3 発表・賞

(1)入選者には、令和33月上旬に結果を通知いたします。

 

(2)各部門1名に、埼玉文芸賞(賞状、記念品及び副賞20万円)を贈呈します。該当者がいない部門については、準賞(賞状、記念品及び副賞10万円)を贈呈することがあります。また、高校生等(令和元年度末18歳以下の方)の作品について、奨励賞(賞状及び図書カード)を贈呈することがあります。

 

 

4 問い合わせ先

さいたま文学館 埼玉文芸賞担当

363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515

FAX 048-789-1517



 

イベント情報

 
表示すべき新着情報はありません。